YOASOBI・ikura、親友・小野莉奈の“仕事の顔”を見て感動「うるうるしてました」(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

YOASOBIのAyaseとikuraが14日、都内で行われた映画『たぶん』の公開記念舞台あいさつに出席。ikuraが中学からの幼なじみで親友でもある小野莉奈の“仕事の顔”を見て感動したことを明かした。

【写真】映画『たぶん』公開記念舞台あいさつに登場したYOASOBI

 本作は小説を音楽にする2人組ユニット・YOASOBIの楽曲「たぶん」の原作小説の実写映画化作品。3つのエピソードからなるオリジナルショートストーリーで、3組の男女の“最も切ない別れ”と“新しい一歩”の物語を描く。

 イベントにはYOASOBIのほか、木原瑠生、小野、寄川歌太、吉田美月喜、めがね、糸川耀士郎が登壇した。

 Ayaseは作品を観たときの感想を「自分たちの楽曲が流れた瞬間すごくグッときて」と告白。「『たぶん』という作品がいろんなかたちになって、YOASOBIとしても初めての実写映画化ということで、どうなるか想像できなかったんですけど、こんなに素晴らしい表現方法があるんだな、とシンプルに感動しました」と感無量の様子だった。

 中学時代からの幼なじみで親友だというikuraと小野。ikuraは撮影現場を訪れることがあったと話し「初めて映画の現場というところに行かせていただいたので、空気感がすごくて…」と当時の心境を吐露。小野については「お友達として見てた姿からお仕事の顔になっている彼女を見て、個人的にすごくうるうるしてました」と感動したことを明かした。

 一方、小野は「正直来ないでほしいと思ってたんですよ(笑)」と複雑な気持ちだったことを告白。ikuraが来る日は、朝から緊張していたといい「感覚的には授業参観みたいな。知ってる人なんだけど、すごく緊張するみたいな感覚で」と打ち明けた。また、緊張と同時に安心する気持ちもあったとも話し「貴重な体験でした。見守られているような」としみじみ語った。

 本作のタイトルにちなんで、イベントでは自身の“たぶん〇〇だ”を発表する場面も。小野は「たぶん慎重派」と告白。食事に行ったときも注文を決めるのにすごく迷ってしまう、と語ると、ikuraは「そうそう!」と頷き「私はお腹すいてるのに、全然選ばないから『早くして!』って」と証言していた。

 木原は「たぶん影響されやすい」といい「最近アニメにハマって、そのハマったアニメの技名を使ってしまうみたいな(笑)」とエピソードを披露。吉田は「たぶん緊張するとテンションが上がるタイプ」と明かし「全然緊張してないよね、って言っていただくことが多いんですけど、実は結構ガチガチに緊張していて」と緊張するほどテンションが上がって話してしまうと明かした。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。