TYPE-MOONのビジュアルノベル『魔法使いの夜』のPS4/Switch版が12月8日に発売 設定資料集同梱の初回限定版も販売(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

アニプレックスは、ビジュアルノベル『魔法使いの夜』のPS4/Nintendo Switch版を2022年12月8日に発売する。第1弾PVが公開された。

「魔法使いの夜」画像・動画ギャラリー

『魔法使いの夜』は『Fate/stay night』や『月姫』などで知られるTYPE-MOONが開発するビジュアルノベル。2012年にリリースされたPC版から10年を経て、PS4とNintendo Switchに移植される。PS4/Nintendo Switch版はフルボイス化とフルHD化に対応しており、2022年4月にはキャラクターボイスのキャストが発表されていた。
本作の舞台は1980年代後半。田舎から都会に引っ越してきた少年の静希草十郎(CV:小林裕介)は、蒼崎青子(CV:戸松遥)と久遠寺有珠(CV:花澤香菜)の2人の少女に出会う。熟練度こそ違うものの、青子と有珠は魔術を使う特別な存在だ。共同生活を営む3人のそれぞれの視点から、ストーリーが展開される。

PS4/Nintendo Switch向け『魔法使いの夜』は2022年12月8日発売予定。価格は通常版が6600円(税込)、初回限定版が7700円(税込)。初回限定版にはオリジナル版の特典だった設定資料集「魔法使いの基礎音律」が付属する。そのほかの店舗別特典については、公式サイトをチェックしてほしい。

コメントは受け付けていません。