Steam Deckは携帯ゲーム機とPCのハイブリッド? わかりやすいOSと圧倒的なカスタマイズの自由度について(IGN JAPAN)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:IGN JAPAN

Valveが新たに発表したデバイス「Steam Deck」は、2つのまったく違う言葉を2つ組み合わせた、ある意味不思議な名前になっている。Steam Deckは、PCの性能をフルに備えつつ、主にゲームパッドで操作するポータブルゲーム機でもあるのだ。これら2つの要素をうまく一緒にすることを可能にしているのは新バージョンのSteam OSだ。このOSは、シンプルで使いやすいUIが2つの要素の間にあるギャップに橋をかける役割を果たしている。とにかくトラブルのないゲーム機を望んでいるが、同時にそれを超える想像できる限りのあらゆる可能性にも期待している人々にとっては最適なものとなっている。
Steam Deckを実際に試し、このデバイスを制作したValveの人々に話を聞いた。彼らが最優先して考えていたのはソフトウエアとOSだったという。Steam Deckは何かに特化したものでありながら、それと同時に幅の広いものである必要があった。また、50インチサイズのテレビやデスクトップコンピューターのモニターにも対応でき、(おそらくこれが最も重要なことだが)かんたんに持ち運べる必要もあった。最終的には、速くてフレキシブルなOSを開発することが最も重要だったとValveは教えてくれた。

「Steam Deck」画像・動画ギャラリー

「本当にこういった考えから始まりました。ユーザーがこのデバイスをさまざまな場所に持っていくだろうということはわかっています。プレイヤーはいろんな遊び方をするでしょう」とValveのデザイナーのTucker Spoffordは言っている。
「1回ごとのプレイ時間は短くなり、本当に素早くプレイ開始したいと思うようになると思います。ですから、ユーザーがゲームをすぐに見つけられることがものすごく重要なことでした。自分のライブラリーの中のゲームもそうですが、見てみたいと思うゲームや、新しく追加されたゲームもです」
最終的に、Steam Deckのためのまったく新しいUIが誕生することとなった。ValveがコントローラーでプレイしやすいUIの開発を手がけたのは初めてのことではない。Steam LinkやBig Pictureモードでも、デスクトップでないところでプレイするときにはコンソール風のインターフェースになっている。しかし、Big Pictureモードが登場したのは10年近く前で、確かにライブラリーは見やすいとはいえ、いくぶん古臭く、やぼったい感じになっている。ビジュアルは当初からほとんど変わっておらず、このやぼったさについては、Valve内でも言及されていた可能性があることが明かされている。
「理解しなければならないのは、Steam Deckのオペレーティングシステム(OS)はとにかくSteamなのだということです」とSpoffordは言う。Big Pictureのようにもっとうまくコントローラーに対応させようと手直しが続いたが、Big Pictureと違って、Valveのバックエンド的には「Steam Deck」は派生製品ではない。見た目は違うが同じSteamなのだ。最近のSteamの改良ではBig Pictureモードがないものもあったが、これは2つの違うバージョン間で簡単に開発点をシェアできるとは限らないためだ。しかし、「Steam Deck」は自動的にすべてを受け継ぐので、Valveが「Steam Deck」のために開発したことはSteamの改良にも役立つということになる。

これはValveにとっては時間と開発にかける労力の節約にもなる 。 Steamチームにとっては、かけた時間が2つの製品のためであれば、改良や変更にかかる作業を正当化もしやすくなる 。 Big Pictureモードは必要な場合は引き続き使用できるが、Big Pictureと比較するとSteam DeckのUIの操作性の良さには驚かされる 。 特定のゲームを探し出すことも全体のナビゲーションもどちらもより簡単で、現在のコンソールのUIにかなり近いほど洗練されている 。 ここには、Steamに期待されることがすべてある 。 SteamワークショップにはインストールしたMODが記録され、Steamクラウドではセーブしたものが同期され、Steam実績はこれまでどおりプロフィール内のデータを追跡する 。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。