SSFF & ASIA、米アカデミー賞「短編アニメ部門」への推薦枠を獲得 細田守監督からコメントも(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)』が、米アカデミー協会からの発表により、新たに短編アニメーション部門への推薦枠が認められた。これにより、同映画祭では「インターナショナル部門」「アジア インターナショナル部門」「ジャパン部門」「ノンフィクション部門」も含め合計5つの部門優秀賞に来年のオスカー獲得へのパスポートを授与できることとなった。

【アワード構図】『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア2022』

 アカデミー賞公認の国際短編映画祭は国内では唯一の存在、また、世界でも5つのアワードを推薦できる枠を持つ映画祭は、サンダンス映画祭、パームスプリングス国際短編映画祭、アスペン短編映画祭と指折りの存在となり、また一歩、世界TOPレベルの短編映画祭への道を進んだことになる。短編、長編に関わらず、日本映画の強みとされてきたアニメーションにおいて、国内フィルムメイカーの才能を世界に発信していく場となることが期待される。

 8月1日から公募開始となるのは、次年度の米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象となる『オフィシャルコンペティション supported by Sony(インターナショナル部門』『アジア インターナショナル部門』『ジャパン部門』『ノンフィクション部門』『アニメーション部門』の5部門および、東京をテーマにした作品を募集する『Cinematic Tokyo部門』、今年に引き続き、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的にソニーがサポートする『スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony's Xperia』、国内の25歳までの監督が制作した作品を対象に、5分以下のショートフィルムを募集する『U-25プロジェクト』、企業・行政によるブランデッドムービーを特集する『BRANDED SHORTS』など。

 また、映画芸術科学アカデミー会員でもあり、『竜とそばかすの姫』が第74回カンヌ国際映画祭オフィシャル・セレクション「カンヌ・プルミエール」部門選出作品としてワールドプレミア上映された細田守監督より、フィルムメイカーへ向けた応援コメントも到着した。

■細田守監督 コメント
僕が中学3年で初めてアニメーション作品を作った頃は、8ミリカメラをレンタルしたり、現像したり、上映会をするにはプロジェクターもレンタルが必要だったりと、お金も時間もかかりました。学生時代には、どうすれば自分の作りたいものが作れるのかな、と自問自答しながら制作をしていました。

現代ではインターネットや、制作ツールの普及といった、色々な意味でずっと、制作も発表もしやすい環境があるとおもいます。アカデミー会員となってからは実写・アニメーション問わず、たくさんの長編・短編映画に触れる機会が増えましたが、日本からの作品はまだ少ないな、と感じています。

どんどん作品を作って、映画祭に出品してみることは大切だと思います。何よりチャンスにつながるし、他の人がどんな作品を作っているのかを知ることも自分の作品の世界を広げるからです。

作品は作り手の人間性を味わうことのできるものだと思います。映画祭が、まだ知られざる魅力的なクリエイターたちの発掘の場となり、自分のやりたいことを実現するきっかけとなる事を願っています。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。