SixTONES松村北斗、神木隆之介をなかやまきんに君マネて励ます「元気であることが誠意」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の神木隆之介とSixTONESの松村北斗が14日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』(29日公開)大ヒット祈願イベントに登壇した。劇中では、玉城ティナを含め、視えるもの、祓うもの、憑かれるものとして、それぞれが助け合う間柄にちなみ、互いに助けられたことを聞かれると、神木は「夜もふけてきて、疲れてきたときに、まっちゃん(松村)が“なかやまきんに君”のマネをして僕らに、パワーを与えてくれる」と松村なりの気づかいを明かした。

【集合ショット】和気あいあいなムードで登場した神木隆之介、松村北斗、玉城ティナ

 今作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックを、『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)役を神木、四月一日の同級生・百目鬼(ドウメキ)役を松村、同じく同級生・ひまわり役を玉城がそれぞれ演じている。

 都内屈指のパワースポットとあって、和装で登場した3人。松村は「ひと笑いだけでもいいからとって帰りたい。しゃべっているうちに1回でもいいからとれたらいいな」と早くも貪欲な姿勢。3人は和気あいあいとしたムードで、神木は「僕はすごく楽しかったですし2人にも話しかけちゃって…」と松村を“まっちゃん”、玉城を“ティー”と初日にあだ名をつけたそう。

 それをきっかけに打ち解け「最終的に神木くんをついてまわる、金魚のフンになっちゃった…」とする松村は、“神木くん呼び”をかたくなに徹底。神木は「『なんでもいいよ』『神木くんでいいですか』って5回くらい。何回も申請許可を経て『神木くん』になりました」と振り返ると、「『神木さん』と呼ぶ準備をしていて『なんて呼んでくれるの』って前にきてくれたのでその中間。そこからは動かないぞ、とそこは譲らなかったです」と苦笑した。

 神木は「常に僕のくだらない話に付き合ってくれてた」と言い、松村の“なかやまきんに君”のモノマネにも感謝。「僕には『まだ元気な人がいる、頑張ろう』って。助けてもらいました。(モノマネは)『ヤー』と『パワー!』です」と紹介。意外さを司会から追求されると、松村は「そんな一面があるんですよ…」と不敵にほほえむ。

 「せめて、元気であることがせめてもの誠意。神木くんは大変なシーンも多く一番近くにいる役だったので、とにかく現場では、神木くんのためになりたい!と、なにか! なにか! と思った、この手がこう変わって『パワー!』になりました」と腕を前に。「笑ってくれたのでしめしめと思って。最後まで笑い続けてくれた。むしろ疲れさせてたのでは」と心配する松村に、神木は「いただきましたよ、パワー」と喜び、玉城も「お2人の仲の良さに笑みがこぼれました」と癒やされているようだった。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。