Netflixの映画『グレイマン』、早くも続編とスピンオフが製作決定 ライアン・ゴズリング&ルッソ兄弟監督が続投(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

Netflixにとって、「ライアン・ゴズリング対クリス・エヴァンス」という映画の売り込みは大成功だった模様で、早くも『グレイマン』の続編とスピンオフの製作が決定した。
Netflixは、続編にゴズリングがアンソニー&ジョー・ルッソ監督とともに続投することを発表し、脚本はスティーヴン・マクフィーリー(『グレイマン』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』の共同脚本家)が担当する。
その続編と並行して、『グレイマン』ユニバースにおける別の要素を探求するスピンオフも製作予定だが、その詳細は伏せられている。現時点では、「デッドプール」と「ゾンビランド」シリーズで知られる、ポール・ワーニックとレット・リースが脚本を手がけることしかわかっていない。
当然のことながら、どちらの映画についてもそれ以上の情報はないが、ゴズリングがうかない表情を浮かべた画像が届いている。

「グレイマン」画像・動画ギャラリー

ルッソ兄弟はプレスリリースに、「映画『グレイマン』に対する視聴者からの反響は驚異的としか言いようがありません。この作品に寄せられている世界中のファンの皆さんの愛情に心から感謝しています。この映画には魅力的なキャラクターが多数登場するので、作品の世界を広げてみたいという思いは常にありました。Netflixがライアン主演による続編の企画を公式発表してくれたことは、うれしい限りです。2作目の脚本についても近々お伝えできると思います。ぜひ楽しみにしていてください。」と綴っている。
Netflixで『グレイマン』が大ヒットした一方で、IGNのレビューでは10点満点中5点となっている。「この映画はオールスターキャストに気の利いたセリフを言わせるだけで、ほとんど仕事をさせずに無駄にしている。最終的には視聴に耐えうるようになるが、上映時間のほとんどを視覚的にも感情的にも理解できないまま過ごすことになる」と評された。

更新(22/07/27)
ルッソ兄弟のコメントを、公式発表の訳文に変更いたしました。

コメントは受け付けていません。