MOVの活躍でフジムラエメラルドが2位浮上/ストVオールスターリーグ(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

ストリートファイターVのプロゲーマーが集った「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League」の第6節、3位のフジムラエメラルドと最下位トキドフレイムの対戦が7月4日に行われ、3-1でフジムラエメラルドが勝利、2位に浮上した。

 フジムラエメラルドのリーダー、藤村はリーグ中断中にチームメイトらと共に海外に遠征。6月29日から7月1日にかけてアメリカで開催された「CEO2018」のストリートファイターV アーケードエディション部門で優勝。帰国後すぐのリーグ戦再開となった。

 「2週間ほどアメリカに行って大会2つ出たんですが、どちらも結果が良かった」と笑顔で語った藤村(使用キャラ・いぶき)。「今が絶好調なので後半に向けてがんばりたい」と首位のウメハラゴールド追撃に意欲を見せた。

 現在最下位ながら今日勝利すれば上位への食い込みも見えてくるトキドフレイムのリーダー、ときど(豪鬼)は「チーム一丸となって勝利を目指します」と語った。

 この日活躍したのはフジムラエメラルドのMOV(春麗)。6月下旬の海外遠征の際に行きも帰りも飛行機トラブルに見舞われ、丸2日布団で寝ておらず疲労困憊の様子。それでもキレは健在で、フジムラエメラルドが勝利した3セットすべてで、セット獲得を決める勝利を挙げた。

 特に注目が集まったのはときどと対戦した第2セット。実はMOVとときどは、麻布高校の同級生で、当時から腕を競い合った仲。この試合は激しいものとなった。

 第1ラウンドは互いに打撃と投げを駆使した削りあいを展開。ときどが体力的有利を取ったと思った次の瞬間、MOVはわずかなスキをついて反撃を加え、最後はEX百裂脚を豪快に決めて1本を先取した。

 第2ラウンドも互角の攻防が続く。ほぼ均等に体力を削りあい、互いに一撃を受けたらほぼ終わりという状況。ここでMOVは至近距離からの鷹爪脚を思い切りよく叩き込んでときどに競り勝ち、チームに第2セットの勝利をもたらした。

 セットカウント2-1で迎えた第4セットの第3バトルでもMOVはマゴ(キャミィ)との接戦を制し、フジムラエメラルドのリーグ戦4勝目を決めた。

 インタビュアーで「(疲れているのに)めちゃくちゃ勝ってるじゃないですか」と聞かれたMOVは「短期決戦だったのでなんとかもちました」と謙虚に答えていた。

【試合結果】
フジムラエメラルド 3-1 トキドフレイム

第1set

フジムラエメラルド 2-1 トキドフレイム

●藤村(いぶき) - ときど(豪鬼)○
○ももち(コーリン) - マゴ(キャミィ)●
○MOV(春麗) - ふ~ど(ミカ)●

第2set

フジムラエメラルド 3-0 トキドフレイム

○藤村(いぶき) - マゴ(キャミィ)●
○MOV(春麗) - ときど(豪鬼)●
○ももち(コーリン) - ふ~ど(ミカ)●

第3set

フジムラエメラルド 1-2 トキドフレイム

○藤村(いぶき) - マゴ(キャミィ)●
●MOV(春麗) - ふ~ど(ミカ)○
●ももち(コーリン) - ときど(豪鬼)○

第4set

フジムラエメラルド 2-1 トキドフレイム

○藤村(いぶき) - ふ~ど(ミカ)●
●ももち(コーディ) - ときど(豪鬼)○
○MOV(春麗) - マゴ(キャミィ)●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。