METガラで注目のスーザン・ソンタグ、夫のゴーストライターだった(ELLE ONLINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)NEW YORK TIMES CO.+GETTY IMAGES

2004年に逝去するまで人権やジェンダー、セクシュアリティについて論じ、オピニオンリーダーとして世界の知識人に影響を与えたスーザン・ソンタグ。今年9月に出版される彼女の伝記『Sontag: Her Life(原題)』の中で衝撃的な事実が明らかになった。なんと彼女の最初の夫、社会学者で批評家のフィリップ・リーフの著作『フロイトー モラリストの精神』はソンタグが書いたものだったという。

ソンタグとリーフが結婚したのは1950年、ソンタグが17歳のとき。ソンタグが彼の講義を1度受けたことがきっかけで知り合った2人。リーフが激しく求愛し、会って10日後に結婚したという。問題となっている本が出版されたのは1959年。初版には「Special Thanks」としてソンタグー 当時はスーザン・リーフー に謝辞が贈られている。でも1961年に印刷された本にはソンタグの名前はない。リーフとソンタグは1959年に離婚している。過去に書かれた伝記には離婚時の取り決めで「ソンタグは貢献したけれど、この本はリーフが1人で書いたものであり彼女との共著ではない」と扱うことになったと書かれていた。

今回、新たな伝記を書くにあたって作家のベンジャミン・モーザーはさらに深く調査、彼女の遺族の許可をとり彼女の原稿や日記を研究したという。さらに彼女の友達や知人にも話を聞いている。そしてその結果、『フロイトー モラリストの精神』はリーフの研究を「ある程度、土台にしたもの」ではあるけれど、書いたのはソンタグだと結論づけている。ソンタグの友人は「彼女は毎日、午後を執筆の時間に当てて一から原稿を書き直していた」と証言している。またソンタグの1957年8月の日記には「フロイトの資料を整理し、メモを作っている」という記述があるという。

【広告】

            フーナーサポート潤滑ゼリー

妊娠したい人の潤滑ゼリー

最適な粘土・ph・浸透圧にこだわりました


コメントは受け付けていません。