Mリーグ10勝一番乗りは佐々木寿人! 上限いっぱいの40戦出場も視野に/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:対局後の佐々木寿人

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月18日の1回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)が自身29戦目でMリーグ初となる個人10勝目を獲得。チームの17勝目を挙げ、KONAMI麻雀格闘倶楽部はファイナルシリーズ出場権内の4位に浮上した。

 対局者は起家からTEAM雷電・萩原聖人(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)。

 超攻撃的な麻雀で“魔王”と称される佐々木が、東1局から持ち味を発揮した。字牌が5枚、マンズが5枚という配牌を手にすると「十八番を見せようかな」と得意のホンイツへ一直線。西、東と役牌の鳴きを重ねてテンパイを果たすと、あっさりと東・西・ホンイツの8000点をツモアガリ。お手本のような満貫に、視聴者からは「魔王強すぎる」「さすがホンイツコンサルタント」といったコメントが寄せられた。

 南1局に親の跳満をアガった萩原がトップを走る中、佐々木は毎局のようにリーチを繰り返して逆転を狙っていく。猛攻が実を結んだのは親番の南3局1本場だった。ラス目の白鳥からリーチがかかり、萩原も仕掛けを入れてテンパイする中、トップだけを狙う佐々木は10巡目に1筒・六万のシャンポン待ちで追っかけリーチ。直後に1筒をつかんだ白鳥から直撃を奪うと、裏ドラの表示牌はまさかの9筒。リーチ・一発・ドラ4の1万8000点(+300点)で一気にトップ目に躍り出た。

コメントは受け付けていません。