Little Black Dress単独公演レポート、元・男闘呼組の成田昭次がゲスト登場(Rolling Stone Japan)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:Rolling Stone Japan

シンガーソングライターLittle Black Dressが、11月3日にBillboardLive YOKOHAMAで単独公演「参ったな2020 Little Black Dress」を開催した。

【画像】元・男闘呼組の成田昭次がゲスト登場(写真)

1998年生まれ、岡山県出身。昨年5月にデジタルシングル『双六/優しさが刺となる前に』でデビューを飾ったLittleBlackDress。“歌謡ロック”をテーマにした音楽性と高いヴォーカル力で話題を集めている。今年4月には中国の人気テレビ番組「SINGER」に出演し、5億人以上の視聴者の前でパフォーマンスを披露。MISIAと共演したステージは日本・中国で大きな話題になった。そんな彼女の単独公演の様子のオフィシャルレポートを掲載する。

今回の単独ライブ公演は、新曲「だるま落とし」でスタート。生々しいロックサウンドと凛としたヴォーカルを響かせ、オーディエンスも手拍子で応える。続いて波乱万丈の人生を描いたロックチューン「双六」、官能的なメロディが印象的な「Mirror」を披露し、最初のMCへ。

この日は彼女の22才の誕生日。「誕生日に、大好きな仲間たち、応援してくださっているファンのみなさまと一緒に、この素晴らしいライブハウスでライブが出来るのは、本当に幸せです」「今日は“参ったな2020”というタイトルのライブ。日頃の鬱憤、我慢を晴らして、幸せな気持ちを持って帰ってください!」と語り掛けると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。