KinKi Kids『MUSIC FAIR』で25周年特集 ファンへの感謝「伝えなければいけない時」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気デュオ・KinKi Kidsが、23日放送のフジテレビ系長寿音楽番組『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演する。今年でCDデビュー25周年を迎えるKinKi Kids特集として、長い時間をエンターテインメントの最前線で走り続けてきた2人の足跡をたどる。

 1997年にシングル「硝子の少年」とアルバム『A album』でCDデビューしたKinKi Kidsは、同局とも縁が深く、CDデビュー前の96年から音楽バラエティー番組『LOVE LOVE あいしてる』にレギュラー出演。今回は同番組で共演した吉田拓郎とのなつかしい思い出話や驚きのエピソード、山下達郎の作曲による話題の新曲「Amazing Love」制作時の秘話まで、たっぷりと語る。

 番組は、2004年のシングル曲「Anniversary」のアコースティックバージョンで幕開け。改めて25周年の感想を聞かれた堂本光一は、「あまりピンと来ていないけれど、四半世紀という長い時間をずっとついてきて下さったファンの皆さんに、感謝を伝えないといけない時だと思います」と語り、堂本剛は「人生で考えると、とんでもなく長い時間。今そばにいてくださる方々はもちろん、これまで関わってきて、ここに連れてきてくださったすべての人にも感謝したい」と率直な気持ちを明かす。

 続いて『LOVE LOVE あいしてる』から生まれた「全部だきしめて」「好きになってく 愛してく」の2曲を披露。同番組での共演により親交を深めた吉田について、2人は、「めちゃめちゃ純粋な人」(光一)、「少年でした。ただただ、まっすぐな人ですね」(剛)とその人柄について感慨深く語り、吉田とのなつかしい思い出話で大いに盛り上がる。

 最後を締めくくるのは、デビュー曲「硝子の少年」と、27日発売の25周年記念第2弾シングル「Amazing Love」のメドレーで、ともに山下による楽曲となる。「硝子の少年」について、光一は「達郎さんから、僕たちが30代、40代、50代になっても歌える曲としていただいた曲で、本当にその言葉通りになった。今歌っても全然恥ずかしくない。でも、年を重ねれば重ねるほど、歌うのがめちゃくちゃ難しい曲だということに気づき始めて、いつになっても歌うときに緊張する曲なんです」と打ち明ける。

 「Amazing Love」は、山下の作った曲に光一と剛がKinKi Kidsとして歌詩をつけた。この新たな試みについて光一は「2人の思うところが一致した部分もあって、6時間くらいで完成した。その6時間の間に、2人とも何回達郎さんのマネをしたかわからない」と明かし、剛は「マネして確かめるんです。歌詩を書く際に達郎さん独特のビートを生かしてこそ、達郎さんに書いていただいた意味があると思うんです」とその理由を説明する。パフォーマンスでは、言葉選びの作業の成果にも注目だ。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。