IGN US編集部が選ぶベスト「ファークライ」のTop 10が公開!1位は『ファークライ3』で2位はなんと「ブラッドドラゴン」に(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

IGN US編集部が選ぶ、ベスト「ファークライ」のTop 10を紹介する動画と記事(英語)が公開された。1位となったのはシリーズのベンチマークとなった『ファークライ3』だ。2位はサイバーパンクなスピンオフ『ファークライ 3 ブラッドドラゴン』となり、3位は発売されたばかりの最新作『ファークライ6』となっている。

「IGN USランキング/投票企画」画像・動画ギャラリー

ランキングは以下の通り。

『ファークライ3』(英語レビュー)
『ファークライ 3 ブラッドドラゴン』(英語レビュー)
『ファークライ6』(レビュー)
『ファークライ4』(英語レビュー)
『ファークライ プライマル』(レビュー)
『ファークライ5』(レビュー)
『ファークライ ニュードーン』(レビュー)
『ファークライ』(英語レビュー)
『ファー クライ2』(英語レビュー)
『Far Cry Instincts』(英語レビュー)

1位となったのはヴィランのバース・モンテネグロの人気も高い『ファークライ3』だ。IGN USは本作についてすべての要素がバランスよく盛り込まれているとし、優れたシューティングメカニクス、たのしい移動、素晴らしいステルスやヴィランがあると評価している。
シリーズのベンチマークになって『ファークライ6』など現代のゲームにも影響を与えたとして、歴史的立ち位置についても高く評価されたようだ。『ファークライ3』は現在でも人気があり、本作がテーマの体感VR「FAR CRY VR : Dive Into Insanity」が東京ジョイポリスに登場したなんてこともある。また、UBIとジャンプが手を組んだゲームマンガ賞の大賞がバースをテーマにしたものであった。

2位の『ファークライ 3 ブラッドドラゴン』は80年代のSFアクション映画にインスパイアされ、サイバーパンクな雰囲気もあるスピンオフ作品。日本では不遇の扱いの作品だったが、PC版については日本語字幕付きのものが今でも配信されている。80年代SFアクション映画風ゲームなだけあり、『ターミネーター』や『エイリアン2』にも出た俳優のマイケル・ビーンが出演しているのも特徴となる。IGN USは本作のキャンペーンについて最もスタイリッシュでファニー、気が狂ったゲームの一つであると賞賛している。
最新作の『ファークライ6』については3位となった。俳優のジャンカルロ・エスポジートがヴィランのアントン・カスティロを演じることでも話題になった本作だが、IGN USもレビューにて彼の名演と息子のディエゴとのやり取りを高く評価した。レビューではUIなどの不満点が指摘されているものの、そのストーリー設定やシリーズ最大のマップなどについては高く評価されたようで8点のレビュースコアになっている。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。