HiHi Jets、代々木で初のアリーナ単独公演 目標の「ジャニーズの最前線」へ第一歩(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ジャニーズJr.の人気グループ・HiHi Jets(高橋優斗※高はしごだか、井上瑞稀、橋本涼、猪狩蒼弥、作間龍斗)が20日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて初の単独アリーナクラスでのコンサート『HiHi Jets Concert 2021~五騎当千~』を開催した。この日は、新曲「FRONTLINE」などオリジナル曲など含む全23曲を披露(メドレー1曲換算)。武器であるローラースケートで疾走したり、ダンスナンバーで盛り上げたりと勢いを感じさせるステージを披露。約6460人のH・A・F(ファンの愛称)を熱狂させた。※以下、ネタバレ含みます。

HiHi Jetsのテレビ出演

 オープニングではメンバーカラーの5色の布幕が落ちるとメインステージに総勢45人のジャニーズJr.がお目見え。「きょうは俺たちと伝説になろうぜ!」の声のもと、いきなりポップアップで派手に登場。さっそくローラースケートで駆け抜け、代表曲「HiHi Jets」で観客をアオリまくる。

 ソロコーナーでは猪狩が自作のラップが冴えまくりな「Fence」で会場を自分色に染め上げたかと思えば、作間は「DON'T WANNA DIE」(Kis-My-Ft2/北山宏光)で長い手足を生かしたスタイリッシュなダンス、橋本は「Fake」(菊池風磨/Sexy Zone)を白いベールをまといながら、とびきり妖艶に。井上は「虹」(二宮和也/嵐)をクリアーなボイスでしっとりと歌唱。高橋は「終電を超えて~Christmas Night」(A.B.C-Z)でクリスマスムードを高めつつ、フレッシュJr.たちとわちゃわちゃ。出演ドラマのせりふ「かわいいぞ、このヤロウ!」も飛び出すなか、最後にはメンバー全員も登場して会場を沸かせた。

 MCでは広い会場で追いかけっこしたり、転びそうになったりマイペースでなかなか長いこと5人がステージにそろわないのもまた、個性。自分たちの衣装を何故か着せてあげたり、フレッシュJr.と交流しながら、主演ドラマ(来年ABCテレビで放送予定)、JNNネットワーク5局連合キャンペーン『HiHi FUTURE project』、冠ラジオ『HiHi Jetsのオールナイトニッポン Premium』(27日、後7:00)など発表ごとではサプライズの連続に、歓喜の拍手も巻き起こった。

 さらに先輩の楽曲としては嵐やHey! Say! JUMP、関ジャニ∞、少年隊、そして“代々木競技場”で長く公演を行ってきたV6へのリスペストを超えたメドレーをパフォーマンス。高橋は「26年という今の僕らには想像もできない大きな背中を追いかけながら、HiHi Jetsのカバーでお届けします」と、「Can do!Can go!」、「愛なんだ」、「MUSIC FOR THE PEOPLE」、「WAになっておどろう」などの名曲を歌い上げた。

 ラスト前には新曲「FRONTLINE」も初披露。ローラースケートを履きながらの、ダンスナンバーで「俺たちこそFRONTLINE」の歌詞が印象的。まさに新時代を宣言するような野心あふれる一曲となった。最後は会場一体となって、もう一度「HiHi Jets」、アンコールでは「ZENSIN」で会場の熱気を最高潮まで高めると、リーダーの井上は「また絶対会いましょう!」と力強く約束してみせた。ちょっとヤンチャにみえるけど、自由で、仲良しで、どこまでもまっすぐな5人の夢の第一歩となる1日となった。なお、土日4公演で2万5840人を動員予定。今回のコンサートの模様はDVD化も発表されている。

コメントは受け付けていません。