Hey! Say! JUMP中島裕翔、初挑戦のピアノシーン公開 自宅でも猛練習「ちゃんと自分で弾いています」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気グループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演し、7月スタートのフジテレビ系木曜劇場『純愛ディソナンス』(毎週木曜 後10:00)。このほど、中島演じる主人公の音楽教師・新田正樹が真剣なまなざしで黙々とピアノを弾くシーンのカットが到着した。同時に、吉川愛演じるヒロイン・和泉冴がピアノの下に隠れている写真も解禁され、2人が夜の音楽室で出会う瞬間が明らかに。この音楽室での出会いから、正樹と冴の純愛が始まり紡がれていくこととなる。初挑戦のピアノに向き合う中島の表情にも注目だ。

【写真】ピアノの下からのぞく吉川愛

 完全オリジナル作品となる今作では、新任の音楽教師としてやってきた正樹と高校2年生の冴という2人の“純愛”を軸にしながらも、常にタブーと背中合わせの2人の関係が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”としてドロドロな展開を生み出していく。そんな純愛×ドロドロの“純ドロ”ストーリーが見どころとなる。

 撮影がスタートするにあたり、ピアノの猛レッスンを重ねた中島。ピアニスト・森下唯氏からの指導だけでなく、自らピアノを購入し自宅での練習にも励んでいるとのこと。ピアノと本気で向き合ってきた正樹という人物の役作りのため、ただ“弾く”だけでなく演奏する際の所作や鍵盤への体重のかけ方など、初心者とは思えないほどの気配りを見せている。

 そんな猛練習の結果、現場スタッフも中島の演奏シーンを大絶賛。正樹の演奏を一番近くで見守る吉川も「初心者の方が弾くようなレベルではない曲なのに、現場で撮影を重ねるたびにうまくなっていくのがわかるんです。所作も本当に音楽の先生みたいで…」と、特訓の成果をたたえた。

 当の中島は「撮影前に僕の顔の素材をたくさん撮ったので、実際に弾く人は緑のスーツを着てそこに合成していく感じで…冗談です(笑)、ちゃんと自分で弾いています」と茶目っ気たっぷりにアピール。「準備期間が限られている中での練習でけっこう大変だったのですが、正樹の弾く音楽というのは正樹と冴ちゃんにとっての重要なテーマソングになっていきます。それをいかに自分のモノにできるかが課題でした」と真摯に向き合っているよう。

 「でも本当にピアノはゼロからだったので、弾き方から所作や立ち振る舞い、指への体重の乗せ方など細かいところまで先生に教えていただいたんです。自宅では先生が弾いている手元の動画を見たりと、ダンスの振り付けを入れていくような感覚でした。物語のキーになってくるピアノシーンにも、ぜひご注目いただきたいです!」と自信を込めている。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。