FIELD OF VIEW、色あせない名曲を集めたデビュー25周年ライブ(Rolling Stone Japan)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Rolling Stone Japan

FIELD OF VIEWが、2020年10月15日に「25th Anniversary Special/観客限定&配信Live」を開催した。ここでは、オフィシャルレポートを掲載する。

写真5点:もっとライブ写真を見る

1995年にシングル『君がいたから』で衝撃のデビューを果たしたFIELD OF VIEW。2ndシングル『突然』がいきなりミリオンヒットを記録し、その後も「Last Good-bye」や「DAN DAN心魅かれてく」、「ドキッなど、ライブを中心にした活動で数多くのヒット曲を残したが、2002年に惜しまれつつ解散。その後一時的な再結成ライブはあったものの、今年デビュー25周年となる記念すべき2020年には何とベストアルバムのリリース、そしてライブツアーの発表を行い、往年のファンを歓ばせた。

今回行われたライブはもともと5月に行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で10月に延期。さらなる延期も協議されたがメンバーの強い希望もあり、観客を会場キャパシティの半分だけ入れて、さらに収録したライブの模様を配信するという、ハイブリッド公演となった。

コロナ渦の中、多少規制が緩和されてきたとはいえ、ライブに行くのは“密だから”と、正直足が遠のいてしまっている中、今回、いざ久しぶりにライブ会場に入ると、スタッフのきめ細かな対応が目に入る。そこから、”コロナ前のようにアーティストにもオーディエンスにも安心してライブに参加して欲しい!”といった、強い思いも感じた。入場時の体温チェックはもちろん、座席前列にはフェイスシールド、そしてすべての来場者に問診票が配られていく。スタッフ側のそうした動きに対して来場者もとても協力的で、スムーズに入場が行われていた。ライブ会場という、世間で言うところのネガティブな情報はまったくなく、実際目の当たりにすると、実はどこよりも清潔で安全な対策が取られ、コロナに対してメンバーと会場、そして来場者が三位一体となってライブを成功させるんだ! という空気感に満ち溢れていた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。