EXILE TAKAHIROが記憶喪失の漁師に! 初の単独主演映画「僕に、会いたかった」5月10日公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:松坂慶子らと共演!

[映画.com ニュース]EXILE TAKAHIROが初の単独主演を務めた映画「僕に、会いたかった」が5月10日から全国公開されることが決定。ある事故をきっかけに記憶を失ってしまった凄腕の漁師を演じ、松坂慶子、小市慢太郎、山口まゆ、板垣瑞生らと共演を果たしている。あわせて、無精髭に漁師服姿のTAKAHIROをとらえた場面写真と特報映像がお披露目された。

【動画】「僕に、会いたかった」特報

 本作のメガホンをとったのは、「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」「渾身 KON-SHIN」「たたら侍」などを手がけた錦織良成監督。また「HiGH&LOW」シリーズへの出演に加え、SABU監督作「jam」ではアソシエイトプロデューサーも務めた「劇団EXILE」の秋山真太郎がキャストとしてだけでなく、プロデューサー兼共同脚本としても参加している。

 島で一二を争う凄腕の漁師だった池田徹(TAKAHIRO)は、12年前に起こった事故がきっかけとなり、記憶を失ってしまった。献身的に支えてくれる母(松坂)、心優しい医者(小市)、本島からやって来た“島留学”の学生たち(山口、板垣)と触れ合いながらも、徹は「ありがとう」と言いたい人も忘れ、心だけが前に進まずにいた。やがて島の人々に優しさに包まれた徹は、事故の真相と向き合い、“自分自身”を見つけ出していく。

 撮影が行われたのは、島根・隠岐島。「初めての隠岐の島での撮影。豊かな自然に囲まれ、素敵なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期間を過ごせました」と振り返るTAKAHIRO。「大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います」とコメントを寄せている。

 「僕に、会いたかった」には、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨、宮本裕子、吉野由志子、川村沙也、斉藤洋一郎、清水宏、山下容莉枝、黒川芽以も出演する。5月10日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

コメントは受け付けていません。