DC映画「バットガール」がお蔵入りに…配信さえも見送り(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

米ワーナー・ブラザースによるDCコミックスの映画化「バットガール(原題)」が仕上げの最終段階にもかかわらず公開中止となった。動画配信サービスでの配信も行わないという。

 同作は、「バットマン」シリーズに登場するゴッサム警察ジェームズ・ゴードン警部の娘、バーバラ・ゴードンを主人公にした長編映画。「イン・ザ・ハイツ」のレスリー・グレイスがタイトルロールに抜てきされ、「ジャスティス・リーグ」のJ・K・シモンズがゴードン警部役、マイケル・キートンがバットマン/ブルース・ウェイン役を再演。2023年に劇場公開予定だった。

 米Deadleineによれば、公開中止の決定の理由は、ワーナー・ブラザースの新体制が定めた劇場公開映画と配信用映画の戦略に沿わなかったためとみられる。関係者によると、DCフィルムズは製作費9000万ドル以上の劇場用主軸作品を作ろうとしており、製作費7000万ドルの「バットガール」は初期の映像を見る限り、戦略に当てはまらなかったようだ。スタジオからの正式発表は8月2日時点(現地時間)では行われていない。

 ワーナーは傘下の動画配信サービスHBO Maxの番組編成を含め大幅な変更を推し進めており、8月4日(現地時間)の決算発表でさらなる変更があるとみられている。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。