BiSH・アイナ・ジ・エンド、ジャニス・ジョプリンに 日本初上陸ブロードウェイミュージカルで主演(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

ブロードウェイミュージカル『ジャニス』が、8月、日本人キャストにより初上演されることが決まった。ミュージカル初挑戦となるBiSHのアイナ・ジ・エンドが、主人公ジャニス・ジョプリン役を務める。

【写真】レスリー・キーが撮影! ジャニス・ジョプリンに挑戦するアイナ・ジ・エンド

 1967年に音楽シーンに登場し、唯⼀無⼆の歌声で米音楽史を塗り替えながら27歳で急逝したジャニス・ジョプリン。本作では、“亡くなる1週間前の⼀夜のコンサート”をコンセプトに、ジャニスの半生を舞台化。ジャニスが自らの物語を語り、それにひも付く数々の名曲を熱唱していくだけでなく、彼女に大きな影響を与えたアレサ・フランクリン、エタ・ジェイムス、オデッタ、ニーナ・シモン、ベッシー・スミスらも登場し、共に圧巻のステージを披露する。ジャニスの魂を称える音楽の旅でありながら、同時に、ルーツとなるシンガーたちを祝福するトリビュートとなっている。

 オリジナルのブロードウェイ版は2013~14年、ニューヨークのライシーアム・シアターで上演され、その後の北米ツアーも長きにわたって好評を博した。

 このミュージカルにジャニス・ジョプリン役で挑むのは、ミュージカル作品初出演、初主演となり、BiSHのメンバーとしても活躍するアイナ・ジ・エンド。その他、アレサ・フランクリン役にUA、ニーナ・シモン役に浦嶋りんこ、オデッタ&ベッシー・スミス役に藤原さくら、緑黄色社会のボーカルを担当している長屋晴子がエタ・ジェイムス役にて出演。UA、藤原、長屋はアイナ・ジ・エンド同様にミュージカル初出演となる。総合プロデューサーには亀田誠治を迎える。

 「中学生の時の夢はミュージカルスターだった」というアイナ・ジ・エンドは、本作出演について「もちろんいまBiSHとしてライブで自分を表現できているのはすごく幸せですけど、ミュージカルっていうのは小さい時の夢なので、うれしい、やってみたいって思いました」と語る。

 また、ジャニスと自分の共通点について「知れば知るほどあるんですが、さみしがりやだったのかなって思っています。ドキュメンタリーとか、友達と電車で移動してツアー回っている映画を見たりすると、すごく楽しそうですけど、どっか空っぽな目をしていて…。その時間があるからこそ、歌で発散する、だからあのソウルフルな歌が歌えているのかなって思ったりして。そこはちょっと似ているのかなって」としている。

 ブロードウェイミュージカル『ジャニス』は、東京国際フォーラム ホールAにて8月23・25・26日上演。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。