AKBチームK武藤十夢、大島優子から”関係ない”LINEで祝福「神セブンおめでとう」(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

AKB48チームKの新公演「RESET」の公開ゲネプロが、昨日7月6日に東京・AKB48劇場にて行われた。

【画像】AKB48チームKの新公演「RESET」公開ゲネプロの様子

 ゲネプロでは、チームのキャプテン・込山榛香を筆頭に16人のメンバーがステージに立ち、本番さながらのパフォーマンスを披露。チームKは、「RESET」で元気よくライブをスタートさせると、「洗濯物たち」「彼女になれますか?」とハイテンポなナンバーを連続で繰り広げる。アッパーチューン「ウッホウッホホ」では下口ひなながゴリラ役を全力でパフォーマンスし、客席を沸かせた。

 自己紹介を経て、続いてはユニットコーナーへ。ここでは小嶋真子、横山結衣、安田叶による「制服レジスタンス」、山田菜々美、湯本亜美、藤田奈那による「奇跡は間に合わない」、込山、市川愛美、中野郁海による「逆転王子様」、倉野尾成美、小田えりな、下口ひなな、武藤小麟による「明日のためにキスを」、武藤十夢、茂木忍、峯岸みなみによる「心の端のソファー」の5曲が披露された。

 そしてライブはラストススパートへ。ディスコミュージック調の「毒蜘蛛」、重厚なベースサウンドが印象的な「オケラ」、お茶目な振り付けで魅せる「ホワイトデーには…」を連続で披露。MCでは、円陣の際に下口が「『ウッホウッホホ』のゴリラ役が恥ずかしい」と漏らしながら涙を流したというエピソードを峯岸が暴露。客席の笑いを誘いつつ、「その出来事でさらにチームKの団結力が強くなった」とチームKへの手応えを語った。そして最後は「ジグソーパズル48」を披露。しっとりとしたナンバーで、公開ゲネプロの本編を締めくくった。

 アンコールの1曲目「星空のミステイク」では、ダンス中に武藤十夢が妹の武藤小麟にちょっかいを出す場面も。1曲歌い終えると情熱的なサウンドが印象的な「夢の鍵」を披露。最後に込山が「本日、無事ゲネプロが終わろうとしてます。たくさんお集まりいただきありがとうございます!」と元気いっぱいに挨拶してから披露した「引っ越しました」では、涙を流すメンバーも見られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。