80年代に爆発的ヒット「キン消し」 消しゴムと間違えて字を消そうとした淡い思い出もひっくるめて語ろう(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

先頃、SNS上での「ネタバレ」投稿を巡って『キン肉マン』が論争になりました。

『キン肉マン』といえば、1979(昭和54)年から1987年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された作品です。当初はギャグ漫画でしたが、第28話から超人オリンピックが始まり、格闘漫画へ路線を変更。以降、敵味方の魅力的な超人が次々と登場し、人気を博しました。

【画像】あなたはいくつ持ってた? 懐かしの「キン消し」を見る(6枚)

 細かい設定や伏線などは考えず、それよりも読者を楽しませようという作品のスタンスは、作者のゆでたまごさんにちなんで「ゆで理論」と呼ばれるなど、漫画ファンの間では常識となっています。

 連載の終了後もその人気は衰えず、1991(平成3)年に『キン肉マン キン肉星王位争奪編』がテレビアニメとして放映。そして1998年には、『週刊プレイボーイ』で前作の主人公であるキン肉マン(キン肉スグル)の息子・キン肉万太郎を主役にして、『キン肉マンII世』の連載が始まりました。

 かつての人気作品の次世代について描く作品は、1990年代後半から一種のブームとなっていました。『リングにかけろ』の続編にあたる『リングにかけろ2』や『魁(さきがけ)!!男塾』の続編である『曉(あかつき)!!男塾 青年よ、大死を抱け』など例を挙げれば尽きません。

 一方、『キン肉マン』は新たな展開が始まっていました。2010(平成22)年にジャンプ・コミックスで新刊37巻が発売。そして、2020年8月からついに『週刊プレイボーイ』で連載が始まったのです。

 話数は317話から開始。つまりは『週刊少年ジャンプ』の続きです。子どもの頃に熱く読んだ作品をまた読めるなんて……と感動した大人たちも多かったことでしょう。

【広告】

ありえないおトク情報ここにあり!



株式会社アイグロー

コメントは受け付けていません。