“4代目バチェラー”黄皓氏は指原莉乃も文句ナシ「今回は完璧すぎて…」(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

お笑い芸人の今田耕司、オリエンタルラジオの藤森慎吾、タレントの指原莉乃が16日、都内で行われたAmazon Prime Videoの婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4(25日午後10時より配信)配信直前スペシャルトークイベントに参加した。番組MCを務める3人が、“4代目バチェラー”で実業家の黄皓(こう・こう)氏とトーク。そのパーフェクトさに、指原は「とにかく完璧。(他の男性に)立ち居振る舞いを勉強してほしいくらい」と太鼓判を押した。

【集合ショット】黒スーツに一輪の薔薇!まるで王子様な4代目バチェラーも登壇!

 同番組は、成功を収めた1人の独身男性=バチェラーのたった一人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる複数名の女性たちが競い合う「婚活サバイバル」。さまざまなシチュエーションで展開されるバチェラーとの非日常的で豪華なデートや、カクテルパーティなど、種々のイベントを通じて繰り広げられる恋愛の駆け引きや、そこに現れるむき出しの人間ドラマを描く。

 昨年『バチェラー・ジャパン』の男女逆転版である『バチェロレッテ・ジャパン』に参加し、最後の2人に選ばれ話題になった黄氏。登場するなり「ミスターパーフェクト。かっこいいな~」(藤森)、「見てください。完璧でしょ。我々のちんちくりんぶりが…」(今田)とメロメロ。指原も「女の子が『こんなこといったら黄さん、困っちゃうじゃん!』と思う瞬間が多かったんですけど、すすすすっと。すごかった」と対応力も絶賛した。

 黄氏が「僕がなにかあったらお二人(今田、藤森)は味方してくれて、指原さんとは敵対するのかな、と思ったけど…」とお得意の女性目線のツッコミを心配していたと明かすと、指原は「今回は完璧すぎて…黄さんの文句言わなかった。いつも文句言ってるんですけど…」といい、藤森は「あの指原さんがなにも文句を言わなかった。それが今回のバチェラーですよ」と頷いた。

 過去シリーズ参加でバチェラーとなった黄氏は「参加者の立場もわかっているので、会っている時間にどれだけ距離を詰められるか」とコミュニケーションを重んじていたそう。藤森は「過去一番あることしてます。すごいしてます。驚きの連続」と意味深発言。今田は「“ジャパン”の壁ぶち壊しました」と乗っかり、「暗黙のルールだったんでしょうけど、4ではぶち壊してる」と興奮。黄氏が「ルール内ではある」とすれば、指原は「ルールはみんなでフォロー!」とすっかり“味方”になっていた。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。