3軒茶屋婦人会の新作「アユタヤの堕天使」は、3人の女たちの3話オムニバス(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

3軒茶屋婦人会「アユタヤの堕天使」が8月から9月にかけて、東京・岩手・大阪・青森で上演される。

【画像】3軒茶屋婦人会 7「アユタヤの堕天使」チラシ表(他2件)

本作は篠井英介、深沢敦、大谷亮介のユニット、3軒茶屋婦人会の新作公演。2020年に上演予定だったが、新型コロナウイルスにより延期となっていた。

作・演出を手がけるG2は作品について、「中身は3人の女たちの3話オムニバス。しかも時代も場所もまったく違う女たち3人」「3つの話が、なぜかひとつに繋がっているような気になる作品です。どの話もたくさん笑えて、でも最後には『じん』と染み渡る女の気持ち。いろいろあるけど、明日もなんか頑張ってみよう。そんな観劇体験になるはず」とコメントした。

公演は8月4日から14日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエスト、19日に岩手・盛岡劇場 メインホール、20日に岩手・久慈市文化会 小ホール 、27・28日に大阪・近鉄アート館、9月3日に青森・六ヶ所村交流プラザ 大ホールで上演される。

■ G2コメント
二年前にコロナで中止になった「アユタヤの堕天使」とタイトルは同じですが、中身は全く変わります。もともとはダークなサスペンスだったのですが、メンバーと相談して、こういう時代だから、明るく楽しいハートフルなストーリーがいいね、ということになり、全面的に書き直しました。中身は3人の女たちの3話オムニバス。しかも時代も場所もまったく違う女たち3人。

日清戦争前夜の京都・祇園(「お雪の決断」)、太平洋戦争直前の中国・上海の女優たち(「上海ハニートラッパー」)、タイに移住し風俗にはまった日本人女性(「アユタヤの堕天使」)どの話もまっとうな人生から「堕ちて」しまった、でも見方を変えれば天使のような女性たち。3つの話が、なぜかひとつに繋がっているような気になる作品です。

どの話もたくさん笑えて、でも最後には「じん」と染み渡る女の気持ち。いろいろあるけど、明日もなんか頑張ってみよう。そんな観劇体験になるはず。

■ 3軒茶屋婦人会 7「アユタヤの堕天使」
2022年8月4日(木)~14日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

2022年8月19日(金)
岩手県 盛岡劇場 メインホール

2022年8月20日(土)
岩手県 久慈市文化会 小ホール

2022年8月27日(土)・28日(日)
大阪府 近鉄アート館

2022年9月3日(土)
青森県 六ヶ所村交流プラザ 大ホール

作・演出:G2&3軒茶屋婦人会
出演:篠井英介、深沢敦、大谷亮介

コメントは受け付けていません。