麒麟川島「ブルーピリオド展」アンバサダー就任、音声ガイドも担当(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

6月18日(土)から9月27日(火)まで東京・寺田倉庫G1ビルで開催される展覧会「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」のアンバサダーに麒麟・川島が就任した。

【画像】「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」イメージ(他2件)

山口つばさのマンガ「ブルーピリオド」は、高校生・矢口八虎が美しくも厳しい美術の世界へ身を投じ、美大を目指す物語。展覧会では、作品の世界を追体験できる没入型シアター、作者の仕事現場を再現したコーナー、名画を解説するブースなどが用意される。

「ブルーピリオド」の大ファンである川島は展覧会の音声ガイドも担当。またチケット購入者は、川島をはじめとする出演者が作品への愛を語る「川島明の『ブルーピリオドが好きすぎて』」、リンダカラー・デン、大家志津香、五十嵐亮太が美術を基礎から学ぶ「私も八虎になりたい!美術予備校体験」といった動画コンテンツを視聴できる。

■ 麒麟・川島 コメント
愛してやまない「ブルーピリオド」がこのたび展覧会を開催するとのことでファンの1人として早くも興奮しております。マンガともアニメとも違う「生」の作品に触れることで、観た人全員が必ずや何か生み出したくなる衝動に駆られることでしょう。「ブルーピリオド」の素晴らしさを共に身体で浴び、そして皆さんでさらにその奥に潜り込めることをアンバサダーとして楽しみにしております。

■ ブルーピリオド展~アートって、才能か?~
日程:2022年6月18日(土)~9月27日(火)
会場:東京・寺田倉庫G1ビル

(c)山口つばさ / 講談社 / ブルーピリオド展製作委員会

コメントは受け付けていません。