鶴瓶が楽屋のれんを贈る間柄、江口のりことトーク「無学 鶴の間」(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

笑福亭鶴瓶が出演する「無学 鶴の間」(U-NEXT)第4回が8月6日に生配信され、女優の江口のりこがゲストとして登場した。

【画像】「無学 鶴の間」イメージ(他1件)

鶴瓶と江口の出会いは約9年前。「A-Studio」(TBS系)でゲストの女優・真木よう子の人となりを調べるため、MCの鶴瓶が真木の親友・江口に取材したことをきっかけに2人は意気投合したという。鶴瓶は「そのときから、俺は『江口のりこはいい』 とずっと言ってきた」と力説。2人はこれまでの交流を振り返って会場の大阪・帝塚山無学を沸かせた。

そのあと番組内で語られたのは、「マツコ会議」(日本テレビ系)で江口が共演したマツコ・デラックスのこと、2人が出演した「半沢直樹」(TBS系)などドラマの話、芝居の話、関西弁のイントネーションの話、初恋の話など。さらに鶴瓶のリクエストを受けて、江口が詩人・茨木のり子の詩を朗読することに。かつてラジオ番組「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」(ラジオ大阪)に出演していた際に、鶴瓶が「ええ詩やなと思った」という茨木のり子の詩の中から、江口は3編を読み上げた。

俳優が舞台出演するときに楽屋へかける“のれん”を、江口が所属する劇団東京乾電池の座長・柄本明の依頼で鶴瓶が作り、江口に贈った話も。9月3日にスタートする江口出演の舞台「夜の女たち」を前に、鶴瓶が「俺の作ったのれん、 かけてるの?」と問いかけると江口は「もちろん。早くかけたいなといつも思っています」と返し、鶴瓶は「役に立ったなら本当によかった」と笑顔を見せた。

「無学 鶴の間」は毎月1回、U-NEXTで独占生配信されており、次回(第5回)は9月3日(土)の生配信を予定している。第1回~第4回は見逃し配信・アーカイブ配信中。

■ 無学 鶴の間
U-NEXT 毎月1回生配信
<出演者>
笑福亭鶴瓶


コメントは受け付けていません。