須賀健太、『家政夫のミタゾノ』で赤髪チャラ男役 介護施設の“ヤングリーダー”に(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

人気グループ・TOKIOの松岡昌宏が主演する『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ(毎週金曜 後11:15)の第6話が、きょう27日に放送。俳優の須賀健太が赤髪チャラ男の介護施設職員リーダー役で登場する。

【写真】レギュラー出演するしゅはまはるみは14キロ以上のダイエットで話題

 本作は女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん/松岡)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ。

 「お金はあるが身寄りのない高齢者」と「お金はないが時間がある若者」が、ともに助け合いながら暮らす介護施設『金色の郷』。依頼を受け出向いた三田園(松岡)と本仮屋素子(山本舞香)は、そこで“ヤングリーダー”と名乗る島津啓太(須賀健太)に出迎えられる。

 うさん臭いほどのチャラさとポジティブさで老人たちに接し、世話をする島津だが、どうやら何かを隠していることは間違いない様子。つい数日前まで働いていた女性が「もうこんなところにはいられない」と言って姿を消したことや、施設内で売られているカップラーメンがものすごく高額なこと、そして極めつけは松田幸三(不破万作)、森田勉(ベンガル)といった老人たちの爪がみな一様に黒く汚れていることなどが次々と明らかになり、正義感の強い素子は、老人たちが不当に強制労働をさせられているのではないかと疑う。

 やがて見えてくるこの施設の“暗部”。三田園はこの理想郷の裏の顔をどのようにして暴くのか。第6話では、三田園の“カジ”のプロたる姿も見ることができる。

 そして放送の最後には重大発表も明かされる。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。