韓国産の弾幕STG『Shikhondo-食魂徒』がPS4にて配信開始!Switch版は今夏に配信(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

EastasiasoftはインディーゲームパブリッシャーDigeratiとともに、韓国のデベロッパーDeerFarmが開発する『Shikhondo-食魂徒』をPS4向けに配信開始した。価格は1680円(税込)。Nintendo Switch版については、今夏リリース予定となっている。

「Shikhondo-食魂徒」画像・動画ギャラリー

『Shikhondo-食魂徒』はアジアの神話のような世界観を持つ、弾幕シューティングゲーム。敵は人々の魂を奪っているYokai(妖怪)となっており、プレイヤーはそれらと戦って囚われた魂を解放していくことになる。

ゲームは全5つのステージからなり、弾幕パターンは東方シリーズなどを思い出させるものになっている。妖怪たちの魂を解放していくというストーリーなわけだが、システムとしても敵弾の間際を飛行するとソウル・ゲージが貯まるという要素もある。ソウル・ゲージを使用しスーパーアタックを発射することで、ハイスコアを狙うことが可能だ。
使用できるキャラクターは2種類で、それぞれ独自の攻撃方法を持っている。ゲームモードは一般的な弾幕シューティングを楽しめるアーケード、ハードコア、ボスのみと戦うボス・ラッシュ、ローカル協力プレイが存在する。オンラインリーダーボードも搭載しているので、ハイスコアを目指すスコアラーも安心だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。