間宮祥太朗×石井杏奈、“見つめ合うふたり”の場面写真を初解禁(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

島崎藤村の不朽の名作を60年ぶりに映画化したことで注目を集める映画『破戒』(7月8日公開)で主人公・瀬川丑松(間宮祥太朗)に恋心を寄せる志保を演じた石井杏奈のインタビュー映像と、新たな場面写真が到着した。

【動画】石井杏奈、インタビュー映像

 本作は、まだ身分制度の影が残る明治後期。自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する丑松は、その出自を隠していることに悩み、差別の現状を体験することで心を乱しつつも、下宿先の士族出身の女性・志保と恋に落ちる。

 今回解禁された場面写真では、下宿先で奉公する姿のほか、間宮がインタビューで「せりふではない目線だけのやり取りでしたけど、言葉以上に語りかけてくることが多くて印象に強く残りました」と語った見つめ合うふたりのショットも初解禁。

 インタビュー映像では、撮影を振り返り、次のように語っている。

――志保役を演じていかがでしたか?

【石井】志保の控えめだけど、芯の強さや、負けん気のあるところは演じていて楽しかったです。丑松さんに恋をしていくシーンも、勇気を振り絞って一歩踏み出す志保が見えるので、演じていてやり甲斐のある役でした。

――間宮祥太朗さんとの共演は?

【石井】初めて間宮さんとお会いしました。ずっと京都で撮影していて、京都での間宮さんしか知らないので、私の中では「間宮さんは丑松さんだ」と思いながらオンの時もオフの時も接していました。

――丑松の下宿先の寺の住職を演じる竹中直人さんと共演した感想は?

【石井】竹中さんが落語をするシーンがあるのですが、みんな拍手喝采するくらいの上手さで、度肝を抜かれました。直接竹中さんとお会いできて、お芝居を間近で見させていただいて、とても感動しました。

――『破戒』のテーマについて思うことは?

【石井】明治時代の話ですが、現代に通じるものがたくさんあります。SNSが主流の世の中で、見えない差別がたくさんあって、傷つく人がたくさんいる現状でもあるので、この作品を通して同世代の方に人に思いやりを持って接することのすばらしさを、自分のありのままで生きていくすばらしさを伝えられたらいいなと思います。

――観てほしいポイントは?

【石井】ひとつの物語の中でさまざまな人が成長していく作品でもありますし、悪い人すらも愛おしくなるような作品になっているので、この作品を観て多くの人に一歩進む勇気を与えられたらいいなと思います。

コメントは受け付けていません。