門脇麦×水原希子「あのこは貴族」に、高良健吾&石橋静河&山下リオ参戦! 特報&ティザービジュアル披露(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

[映画.com ニュース]門脇麦と水原希子が共演する「あのこは貴族」に、高良健吾、石橋静河、山下リオらが出演していることがわかった。あわせて公開日は2021年2月26日に決定し、特報とティザービジュアルもお披露目。映像には、東京の異なる“階層”に生きるふたりの女性の人生、物語が動き出す予感に満ちたふたりの接点が映し出されている。

【フォトギャラリー】東京で生まれた箱入り娘・華子を演じる門脇麦リンクの修正をお願いします

 岨手由貴子監督(「グッド・ストライプス」)が、山内マリコ氏(「アズミ・ハルコは行方不明」「ここは退屈迎えに来て」)の同名小説を映画化。門脇が東京で生まれた箱入り娘・華子、水原が地方出身で、自力で都会を生き抜く美紀を演じる。

 特報では華子が見合いの末、良家の弁護士・幸一郎との結婚生活をスタートさせるが、「華子にはさ、夢なんかあるの?」と、結婚だけに関心を寄せていたことを言い当てられてしまう場面が活写される。一方、美紀はパーティで幸一郎と談笑し、楽しい時間を過ごしているが、時折切なげな表情を見せる。それぞれ悩みや葛藤を胸に秘めるふたり。映像は華子がタクシーを降りて、自転車で通り過ぎる美紀を呼びとめるシーンで締めくくられている。

 ティザービジュアルは、「ミッドサマー」「デッド・ドント・ダイ」などで知られるグラフィックデザイナー・大島依提亜氏と、人気イラストレーター・塩川いづみ氏がタッグを組んだ描き下ろしイラスト。生きる環境が異なっていても、同じように“息苦しさ”を感じている華子と美紀が、シンプルな線で描き出されている。

 奇しくもふたりをつなぐことになる弁護士・幸一郎役を担うのは、「カツベン!」「星の子」など出演作が絶えない高良。「それぞれの一生があり、そこにある当たり前のズレが、それぞれ一生に色を添えていて、すべてがひとつの生き方で、この役だからこそ思うことが多くありました」「わからない正解が多い中、この映画はいろんな今。が押し付けられることなく切り取られていると思います」と、作品の魅力を紐解いた。

 「人数の町」が公開中の石橋は、華子の学生時代からの友人で、バイオリニストの逸子に扮する。「朝が来る」が控え、本作では美紀の地元の友人で、同じ名門大学に入学する平田役を務める山下は、「私は、日々生きていく中で、社会には見えないカーストがあるのでは? と思うことがあります。そして、その社会の目を気にしながら、自由に生きることは難しい。台詞の一言一言に共感し、そんな社会に生きる女性たちが、足掻きながらも成長し、逞しく生きていく姿に、いつしか私自身がリンクし、演じながら勇気をもらっていました」と思いを明かす。

 原作者・山内氏は、「籠の鳥のようなヒロイン華子は、いつも安全なタクシーの中から、二度目のオリンピックを夢見て普請中の東京を眺めます。そして上京者という名の越境者であるもう一人のヒロイン美紀は、バッグを斜めがけにして自転車を漕ぐ。異なる階層に属する二人を岨手監督は、移動手段ひとつとっても映画的にアプローチしている。その演出力は本当に見事で、主役から傍役まで役者さんたちは誰もがその役柄を生きていて、命が吹き込まれるってこういうことかと唸りました」と絶賛。「世襲され固定化した社会階層と、女性をしばる価値観。女同士を分断させてなるものかと橋をわたす、逸子の存在。原作に込めたメッセージを大事にしてくれているのは、監督の作家性とこの物語が、ちゃんと共鳴しているからにほかなりません。監督ありがとう。岨手監督に撮ってもらえて、とても幸せな作品となりました」と、感謝を伝えた。

 「あのこは貴族」では銀粉蝶、佐戸井けん太、篠原ゆき子、石橋けい、山中崇、高橋ひとみ、津嘉山正種も共演。21年2月26日から全国で公開される。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。