鍋シーズン到来 ひとりで食べるならすき焼きより、やっぱり「キムチ鍋」なワケ(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

木々が赤く色づき、気温も一気に下がり始めて、2020年も鍋が恋しい季節がやってきました。

【図表】「みんなの食べたい鍋ランキング2020」を見る

 この季節になると、筆者(有木真理、ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員)も「2020年はどんな鍋がはやりますか」と、毎年多くの取材をいただきます。まさに日本の冬と言えば鍋、この季節の風物詩といって過言はありません。

 過去の鍋トレンドを振り返れば、2016年は「シンプルリッチ」。つまり、食材1点特化の鍋がブームとなりました。

 2017年は「極シメ鍋」。鍋の醍醐味(だいごみ)と言えばシメということで、お米で雑炊やリゾットにしたり、そばやうどん、中華麺やパスタなどさまざまな麺を投入したり、なかにはパンを入れたりするつわものまで登場しました。

 そして2018年は健康ブーム、フィットネスブームもあり、野菜や高たんぱく低カロリーな鶏などを使用した「美ボディ鍋」と、その真逆のハイカロリーで一見体に悪そうな「背徳鍋」にブームは二極化しました。そして2019年は「生スパイス鍋」がトレンドに。

 このように鍋のトレンドは「鍋単体のトレンド」ではなく、時代背景や食のトレンドが反映されているのです。

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。