鈴木亮平主演「TOKYO MER」映画化決定! 賀来賢人、中条あやみら主要キャスト再結集(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

俳優・鈴木亮平主演で2021年7月期にTBSの日曜劇場枠で放送された本格救命医療ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の映画化が決定した。「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」のタイトルで、2023年に全国で公開される。

 物語の舞台となる「TOKYO MER」の「MER」とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称だ。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故、災害、事件の現場へ駆けつけ、いち早く負傷者に救命処置を施し、一人も死者を出さないことがミッション。日曜劇場枠の初主演を飾った鈴木が「TOKYO MER」のチーフドクター・喜多見幸太、賀来賢人が厚生労働省の官僚でありながら医師免許も持つ医系技官・音羽尚、中条あやみが循環器外科で研修中ながら「MER」チームを兼務するよう命じられた研修医・弦巻比奈を熱演したことは記憶に新しい。

 ドラマ版では、立てこもり事件、トンネル崩落事故、爆破テロの現場に果敢に飛び込んでいく「TOKYO MER」メンバーの絆と、衝撃的なストーリー展開が大きな話題を呼んだ。最終回放送終了後も続編や映画化を期待する声が番組公式SNSに数多く寄せられたことから、今回その熱い要望を受けて満を持しての映画化となる。

 「待ってるだけじゃ、助けられない命がある」という強い信念を持つ主人公・喜多見役の鈴木はもちろん、賀来、中条、菜々緒、仲里依紗、石田ゆり子ら主要キャストの続投も決定した。監督は、「半沢直樹」「テセウスの船」の松本彩が務める。

 また、映画化を記念して「MER」メンバーたちを動物キャラクターにデザインしたウェブ版ショートアニメの配信も決定。制作するのは、「みっちーのアニメ」などを手がけたFUNNY MOVIE。同アニメは、1月5日からTVer、TBS FREE、GYAO!、Paraviで1話から3話まで配信中で、新エピソードも随時配信予定だという。

 主演・鈴木のコメント全文は、以下の通り。

■鈴木亮平

映画化と聞いて、なによりも「MER」メンバーに再び会えると思うと今からとてもワクワクしています。「TOKYO MER」が描いてきたのは、たった一つしかない命の大切さ。そしてそれを支える医療従事者をはじめ、消防隊、警察など、誰かのために頑張っている人たちの勇気ある心です。
ドラマ放送中は、僕たちも皆様からたくさんの勇気と熱い感想をいただきました。今回そのお気持ちに、映画化という最高の形で恩返しできることが本当にうれしいです。そして、現実でもまだ予断を許さない状況が続いているからこそ、医療従事者の方々の魂を伝えられる作品を作りたいと思っています。
ドラマの時にも巨大なスケールで描かれた「TOKYO MER」なるとどうなってしまうのか・・・僕もまだ想像できていないのですが、間違いなくさらにスケールアップした作品になるでしょう。責任重大ですね。楽しみですが、少し怖くもあります(笑)。
我々「MER」メンバーもドラマと同じレベルのものをお見せするわけにはいきません。個々のスキルもチームワークもさらにパワーアップして、成長した姿を見ていただきたいです。
「劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室」を是非ご期待ください。お楽しみに!

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントは受け付けていません。