金曜ロードショーで実写版「アラジン」! 5月21日に本編ノーカットでテレビ初放送(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

ディズニー不朽の名作を実写化した「アラジン」が、5月21日に日本テレビ系「金曜ロードショー」でテレビ初放送されることが決定。本編は、ノーカット版となる。また、今回の放送を記念し、ジーニー(ウィル・スミス)の日本語吹き替えを担当した山寺宏一がコメントを寄せている。

【動画】「アラジン」日本版予告編

 1992年に公開されたディズニー・アニメーション映画「アラジン(1992)」は、主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」が、アカデミー賞歌曲賞を受賞するなど大きな話題となった。27年の時を経て“完全実写化”した本作は、日本での興行収入が、同年の実写映画第1位となる121億6000万円の大ヒットを記録。監督はガイ・リッチー、音楽はアニメーション版から引き続き、巨匠アラン・メンケンが手掛けている。

 貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジン(メナ・マスード)が巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミン(ナオミ・スコット)と、“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか。

 吹き替えを担当するのは、アラジン役に中村倫也、ジャスミン役にミュージカル俳優の木下晴香。山寺はアニメーション版と同様にジーニー役、北村一輝が主人公アラジンの敵となる邪悪な大臣ジャファー役に息吹を注いでいる。

 「アラジン」は、5月21日の午後9時~11時29分に日本テレビ系「金曜ロードショー」で放送(35分枠拡大)。山寺のコメントは、以下の通り。

【山寺宏一:ジーニー(ウィル・スミス)役】

 僕の声優としての願いを沢山叶えてくれた「アラジン」

 その実写版の地上波放送は日本中を元気にしてくれるとマジで信じています!

 まだ一度も観てない方はもちろん、字幕版しか観てない方も、大好きで何度も観ている方も、同じ時間に観て一緒に楽しみましょう!

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。