野島伸司脚本のアニメ「ワンダーエッグ・プライオリティ」1月12日放送開始 相川奏多が初主演(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

実写ドラマ「高校教師」「家なき子」などで知られる脚本家の野島伸司がアニメ作品の原案・脚本に初挑戦するオリジナルアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」の放送開始日が1月12日に決定し、メインキャストが発表された。第1弾プロモーションビデオと、第1弾キービジュアルも公開されている。

 同作は、謎の声に導かれて“友だち”が入っているという“エッグ”を手に入れた14歳の少女・大戸アイをはじめとする、悩みもがく少女たちの物語。監督に「22/7 あの日の彼女たち」キャラクターPVの若林信を迎え、アニメーション制作を「約束のネバーランド」のCloverWorksが担当する。

 放送は、1月12日深夜1時53分に日本テレビでスタート。札幌テレビ、山口放送、BS日テレほかでも12~22日に順次放送を開始する。配信はHulu、dアニメストアが最速となる。

 主人公のアイ役には、メディアミックスプロジェクト「IDOLY PRIDE」に出演する相川奏多が選ばれ、初主演を飾る。そのほか、青沼ねいるを楠木ともり、川井リカを斉藤朱夏、沢木桃恵を矢野妃菜喜が演じる。相川は「右も左もわからないことばかりで、3人のお姉さんたちに助けてもらってばかりですが、アイを演じているのが相川奏多でよかった、と思っていただけるようがんばります!」と意気込みを語っている。なお、4人はユニット「アネモネリア」として主題歌も担当する。

 各キャラクターのボイスを収録した第1弾PVでは、謎の声によって「エッグを割れ」と急かされるアイの姿が描かれており、ねいる、リカ、桃恵の3人も登場する。ラストでは「卵を割って、セカイを変えろ。」というキャッチコピーも示される。第1弾キービジュアルには、草原でひなたぼっこをしている4人の姿が描かれており、アイだけが怪訝そうなまなざしで“エッグ”を見つめている。

 なお、野島は「アニメは、実写では絶対にできない表現もできる。物書きとしては限界値をとっぱらえるので、書いていて楽しかった」とアニメ初挑戦の手応えを語っている。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。