近藤誠一が“夢芝居”1日2公演 連勝でファイナルシリーズ争いは超大混戦/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:2連勝後に視線を上げる近藤誠一

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月24日の2回戦で、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)が同日2連勝を達成して個人6勝目。セガサミーフェニックスはチーム3連勝となり、4位までが進出できるファイナルシリーズ争いは最終盤にして超大混戦にもつれ込んだ。

 対局者は起家からセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)。1回戦でトップの近藤、2着の前原が連闘となった。

 1回戦からの連勝を狙う近藤は序盤からエンジン全開。東1局の親番では苦しい配牌ながらも、おなじみのサウスポーからことごとく有効牌を引き入れ、12巡目に三・六万待ちの先制リーチ。全員にテンパイが入る沸騰した状況で終盤に六万をツモり、リーチ・ツモ・白・赤の1万2000点(+供託1000点)で幸先のいいスタートを切った。

 親が流れた直後の東2局では、5・7・8というソウズの形から赤5索をテンパイまで大事にキープすると、絶好の6索引きで9巡目にリーチ。直後に下家の瀬戸熊がアガリ牌の9筒を放銃し、リーチ・一発・ドラ・赤の8000点。リーチのみの手を満貫まで育て上げる見事な手順でリードを広げた。

コメントは受け付けていません。