赤楚衛二、スピンオフ『塩介と甘実』にも出演決定 今回の相談内容とは…(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

TBS系金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(毎週金曜 後10:00)の放送終了後に、動画配信サービス「Paravi」で独占配信されるスピンオフ、Paraviオリジナルストーリー『塩介と甘実―蕎麦ができるまで探偵―』の第3話に赤楚衛二の出演が決定した。

【場面カット】悩みを打ち明ける”大庭”赤楚衛二

 『石子と羽男』に登場する「潮法律事務所」の近くにある「そば処 塩崎」が舞台。そこで働く、塩崎啓介(おいでやす小田)、通称“塩介(しおすけ)”は、司法試験に落ち続ける崖っぷちパラリーガル・石田硝子(有村架純)と、高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村倫也)がトラブルを解決していく姿に憧れ、「トラブル解決承ります、蕎麦ができるまでに!」という裏メニューを用意。常連客の甘露果也実(乃木坂46・久保史緒里)、通称“甘実(あまみ)”とともに、注文された蕎麦が出来上がるまでの時間で、店を訪れる客の悩みやトラブルを推理で解決しようと奮闘する。

 赤楚が演じる大庭は、“石羽コンビ”にとって初の依頼人となった人物で、その後の物語に新たな展開を生むキーパーソンだ。本編では、「カフェのコンセントで充電して訴えられた」というトラブルに見舞われた大庭だが、本作では「高校時代の同級生に約束を4回もドタキャンされた」という悩みを抱え、それを塩介に相談する。果たして、ズレた推理しかできない塩介と、毒舌だが聡明な甘実の“塩甘コンビ”は、大庭のトラブルを解決できるのか。

■第3話のあらすじ 
この日、塩介(おいでやす小田)が働く「そば処 塩崎」にやって来たのは、近くの潮法律事務所で働く大庭蒼生(赤楚衛二)。深いため息をつく彼に塩介が「トラブル解決」の裏メニューを提案すると、大庭は「初回無料の企業セミナーで偶然再会した高校時代の同級生に、約束を4回もドタキャンされた」と悩みを打ち明ける。すると塩介は、いつもの的外れな推理を展開。店にいた常連客・甘実(久保史緒里)は、そんな塩介の“クソ発言”&“クソ推理”を数取器でカウントしつつ、塩介とは異なる切れのいい推理を披露する!

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。