赤楚衛二、『石子と羽男』Paraviオリジナルストーリー『塩介と甘実』第3話にゲスト出演(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系/毎週金曜22時)のParaviオリジナルストーリー『塩介と甘実―蕎麦ができるまで探偵―』の第3話(Paraviにて8月5日独占配信開始)に、俳優の赤楚衛二がゲスト出演することが発表された。

【写真】大庭(赤楚衛二)は塩崎(おいでやす小田)に悩みを相談

 「潮法律事務所」の近くにある「そば処 塩崎」を舞台に、そこで働く塩崎啓介、通称“塩介”と、常連客の甘露果也実、通称“甘実”が、店を訪れる客の悩みやトラブルを推理で解決しようと奮闘する姿を描く本作。主人公の塩介役を人気芸人・おいでやす小田が、甘実役を久保史緒里(乃木坂46)が務めている。

 第3話に登場する赤楚は、本編の『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』に大庭蒼生役で出演中。大庭は石子こと石田硝子(有村架純)と羽男こと羽根岡佳男(中村倫也)の“石羽コンビ”にとって初の依頼人となった人物で、その後の物語に新たな展開を生むキーパーソンだ。

 本編では「カフェのコンセントで充電して訴えられた」というトラブルに見舞われた大庭だが、本作では「高校時代の同級生に約束を4回もドタキャンされた」という悩みを抱え、それを塩介に相談する。果たして、ズレた推理しかできない塩介と、毒舌だが聡明な甘実の“塩甘コンビ”は、大庭のトラブルを解決できるのか?

 Paraviオリジナルストーリー『塩介と甘実―蕎麦ができるまで探偵―』第3話は、Paraviにて、8月5日『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』第4話放送終了後に独占配信開始。

コメントは受け付けていません。