観客がバラの花で「SHOCK」1900回達成を祝福、堂本光一「これからも思いに応えたい」(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

堂本光一が作・構成・演出・主演を務める「SHOCK」シリーズが、昨日5月31日13:00開演回をもって上演1900回を達成。これを記念したカーテンコールが昨日、東京・帝国劇場で行われた。

【画像】「SHOCK」上演1900回カーテンコールの様子。約1900人の観客が1人1本のバラを持ってカンパニーを祝福した。(他2件)

カーテンコール冒頭、堂本がくす玉のひもを引くと同時に、帝国劇場に集まった約1900人の観客が1人1本のバラの花を掲げ、上演1900回を祝福。続いて、堂本の出演ミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」から井上芳雄、音月桂、上白石萌音、脚本・演出のジョン・ケアードからのメッセージ映像が上映された。井上は「『SHOCK』が続くのが、自分のことのようにうれしい。『ナイツ・テイル』も忘れないでね!(笑)」と手を振る。ケアードは「2000回やっても驚きはしないよ。がんばってね」とエールを送り、日本語で「光一くん、大好きだよ!」と呼びかけた。

バラの花束を抱えた堂本は「またバラ風呂をしようかな」と笑い、1900回達成については「実は回数はあまり意識していない。その日のその公演がどれも特別」とコメント。続けて、「コロナ禍では、皆さんの協力のおかげで幕を開けられる。これからも思いの1つひとつに応えたい」と思いを語り、カーテンコールを締めくくった。

■ 「Endless SHOCK -Eternal-」
2022年4月10日(日)~5月31日(火)※公演終了
東京都 帝国劇場

2022年9月
福岡県 博多座

エターナル・プロデューサー:ジャニー喜多川
作・構成・演出・主演:堂本光一
出演:佐藤勝利、北山宏光 / 越岡裕貴、松崎祐介 / 高田翔、原嘉孝、大東立樹、今村隼人 / 石川直、綺咲愛里 / 前田美波里、島田歌穂 ほか

※佐藤勝利と前田美波里は東京公演、北山宏光と島田歌穂は福岡公演に出演。

※5月18日から23日までの公演は、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。