蝶野ビンタもタイキックもない大みそか 方正&ココリコは「安堵半分&さみしさ半分」 再開への期待も(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

ダウンタウン、月亭方正、ココリコが、大みそかに「アウト」の数だけ笑いを届ける日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない』。15年の節目を迎える今年で一旦休止となることが発表されたが、昨年の『大貧民GoToラスベガス24時!』はブルーレイ&DVDで発売されている。このほど、方正とココリコに同作の見どころ、一旦休止となった『笑ってはいけない』への思いを迫った。

【写真】昨年は…“GoToラスベガス”を放送

■方正、松平健の「ハゲとるじゃないか」が決定打に スタッフとの攻防の歴史を回顧

――印象に残っている場面

【田中直樹】コロナ禍での『笑ってはいけない』だったので、どういう仕掛けだったり、笑いを作っていくのかなっていうのが今回一番大きなところでしたね。自分たちは、変わらずすごく楽しかったのですが、仕掛け人の方も含めて、スタッフさんにとっては大変だっただろうなと感じました。当たり前ですが、密になっちゃいけない、換気をしないといけないっていうこともあったりして。そういう意味でも、とても印象深かったです。

【遠藤章造】大みそかで15年、いろんなことがあって、世の中に合わせてやっていたりするので、大変な部分もたくさんありますが、この前の年に新しい地図の3人が出ていただいて。そこで、草なぎ剛くんが真似をしていたことをフリにして、村西とおるさんが、草なぎくんと出てきたのは印象深かったですね。

【月亭方正】僕は松平健さんですね。けっこう長尺だったんですけど。「ちょっと下むいてみろ、ハゲとるじゃないか」っていう風にイジられて(笑)。イジられるのは全然いいんですけど「ちょっと薄毛になっているくらいで、こんなにイジられるんやな」って思って、実際に映像見たら、ホンマにハゲてきていました。松平さんの言葉が決定打になったみたいな(笑)。

――『笑ってはいけない』は、演者のみなさんと仕掛けるスタッフのみなさんとのせめぎ合いの歴史でもあると思います。

【方正】もうここに何か宝箱みたいなのがあったら、みんなが7~8個浮かぶ中、それをどこか裏切らないといけない苦しさは相当やと思いますよ。

【田中】(蝶野正洋による)方正さんのビンタも毎回ネタ振りがありますけど、それもめちゃくちゃ考えて作ってはるんやろうなと思いますね。

【方正】でも、最後の方はめちゃくちゃやったで。ヒポポ族に顔が似ているって理由もあったり…。蝶野さんのくだりで、毎回「お前、月亭何正だ?」って聞かれて「方正です」って答えたら「何言ってんだバカヤロー」って意味がわからへん(笑)。地雷がどこにあんのか。

――絶対に来ることがわかっているビンタへの心がまえはあるのでしょうか?

【方正】はじめの方はホンマにわからなかったんですけど、だんだん「この辺やろうな」っていうのが、わかってくるのよ(笑)。

【遠藤】腰の重い感じが伝わってきます(笑)。

【方正】でも、どっかで期待してんねんで。「田中やられろ、今年は遠藤に」って(笑)。

【遠藤】1回、浜田さんがビンタ受けそうになったことありましたもんね。

【方正】最終的にオレも受けるのはわかってんねんけど、あの時は浜田さんにもいくと思った(笑)。オレの苦しみとかを、仲間やったら分かち合ってほしいっていう気持ちがあるのよ。だから、誰かが先に受けて、その後にビンタされるんやったら、オレはええねん。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。