若武者・松本の勢いが止まらない! 怒涛の追い上げで病欠のエース・多井に勝利を捧げる/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:トップを取った松本吉弘

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月17日の1回戦で、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)が自身7勝目、チーム18勝目のトップを獲得。エースの多井隆晴(RMU)がインフルエンザで病欠する中、ファイナルシリーズ進出を争う渋谷ABEMASに貴重な勝利をもたらした。

 対局者は起家から渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、EX風林火山・滝沢和典(連盟)。

 チームメイトの多井から「麻雀界の未来を背負う男」と期待される26歳の若武者が、この日も躍動した。最初の見せ場は東2局。親番の高宮に赤ドラを含んだ仕掛けが入る中、ドラを3枚抱えた松本は終局間近の16巡目に果敢にリーチ。すると満貫手をテンパイしていた高宮から一発で放銃を引き出し、リーチ・一発・ドラ3・赤で1万2000点をゲット。自身2連勝、チーム3連勝に向けて幸先のいいスタートを切った。

 中盤は我慢の展開が続いた松本だったが、トップ目の萩原と9300点差の3着目で迎えた南3局1本場から怒涛の追い上げを見せた。苦しいペンチャンの7索を引いて5巡目にいち早くテンパイを果たすと、6・9筒の両面待ちで迷うことなくリーチを宣言。若々しく力強い松本の麻雀に、この日の中継でMリーグ初解説を務めた土田浩翔(最高位戦)からは「26歳、いいなあ!」と羨むような発言も飛び出した。そんな松本の勢いに飲み込まれるように、滝沢が手の中から6筒を切って放銃。リーチ・平和・赤・裏の8000点(+300点)で、萩原と1000点差の2着目に浮上した。

コメントは受け付けていません。