自分を殺す瞬間も…紅白出場「刀剣男士」黒羽麻璃央が語る2.5次元の魅力と苦悩(BuzzFeed Japan)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:“2.5次元の王子様”とも呼ばれる黒羽麻璃央

2018年12月29日、平成最後となる紅白歌合戦のリハーサルが行われたが、その中にカラフルなウィッグと衣装で一際目を引く集団があった。企画コーナーに出演する「刀剣男士」だ。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

「刀剣男士」はブラウザゲームを題材にしたミュージカル「刀剣乱舞」に出演する19人によるグループ。初出場者が集まった会見でも、彼らは役者ではなく「刀剣男士」でのキャラを堂々と演じ続けたが、心のうちは違ったようだ。

「本当は緊張していました(笑)。いつもテレビで見ているアーティストさんがいっぱいいたので、内心はうれしーってなってました」

屈託無い笑顔を見せながらそう語るのは黒羽麻璃央(25)。ミュージカル「刀剣乱舞」刀剣男士で三日月宗近を演じ、“2.5次元の王子様”とも呼ばれる俳優だ。

会見やその後の告知でキャラとして対応したことについて聞くと「歌番組でのやり取りもあくまでキャラクターになりきっています」と明かす。

「最初の頃は台本がなく、アドリブでこなす司会者さんとのやり取りに苦労しました。今は、深く役を掘り下げることで対応できていると思います。僕の演じる三日月宗近はゆったりした喋りなので、普段から喋りのテンポは気をつけています」

コメントは受け付けていません。