肉を切らせて骨を断つ! 最年長Mリーガー・前原雄大、ブレずに無骨に6勝目/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:力強くトップを取った前原雄大

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月14日の1回戦で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)が自身6勝目、チーム16勝目となるトップを取った。

 対局者は起家からU-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田潤(最高位戦)。

 「勝つか負けるか」。シンプルかつ無骨なプレースタイルをMリーグ開幕から貫き、“麻雀界のゴジラ”とも称される前原。チームのエース・佐々木寿人(連盟)が1月11日に連闘するも思うような結果が出せなかったことを受け「前回、寿人があまりよくなかったから、何が何でもトップを取る」と62歳の大ベテランは対局に臨んだ。

コメントは受け付けていません。