聴覚で味わう映画『サウンド・オブ・メタル』日本版アートワーク(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

「第93回アカデミー賞(2021年)」で主要6部門にノミネートされ、音響賞・編集賞を受賞した映画『サウンド・オブ・メタル』が、10月1日から劇場公開される。このたび、日本公開用のアートワークが完成した。

【画像】映画『サウンド・オブ・メタル』場面写真(6点)

 本作は、突如難聴になったドラマーのルーベンが、一緒にバンドを組む恋人ルーと難聴者のコミュニティへ。難聴であることをハンディとして捉えていなコミュニティの人々と過ごしながらも、その現実を受け入れることの難しさに直面するルーベンは、自分の人生を前に進めるために、ある決断をする。

 アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた俳優リズ・アーメッドの演技はキャリア最高の演技と絶賛され、同じくアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたポール・レイシーの静かな演技もすべての人に共感する道筋を与えてくれる。何よりも、音響デザイナーのニコラス・ベッカーとそのチームが、ドラマーとして生きる主人公ルーベンに突然訪れる難聴という状態を見事に再現し、観客を引き込み、擬似体験している錯覚を与えるような作品。

 日本では配信サービスで観ることができるが、整ったサウンドシステム下での鑑賞を望む声が上がり、特に音にこだわった上映をしている劇場を中心に公開されることが決定した。

 映画評論家の町山智浩氏は「アカデミー賞に輝く音響設計で、『聴こえなくなること』を観客に経験させる。それは絶望ではない。音の代わりに、皆が失っている『静けさ』を獲得するのだ」とコメントを寄せている。

■東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、上映劇場リスト
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=soundofmetal

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。