義理の弟が、私に一目惚れ…!? 「SixTONES」松村北斗×森七菜の主演映画、予告&ポスター(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.com

アイドルグループ「SixTONES」の松村北斗と、ブレイク中の若手女優・森七菜が主演した異色恋愛映画「ライアー×ライアー」の本予告(https://youtu.be/ErLdkGUWhiI)と本ポスタービジュアルが、このほどお披露目された。ポスターは「義理の弟が恋したのは、JKのフリした私!?」とのコピーが印象的な仕上がり。予告映像は、そんな予測不可能な恋が始まる瞬間を、みずみずしくとらえている。

【フォトギャラリー】森七菜は普通の女の子?/インタビュー

 累計発行部数190万部を突破し、2012年度の「このマンガがすごい!オンナ編」にランクインした、金田一蓮十郎氏の同名コミック(講談社刊)を実写映画化。女子大生の湊(森)は両親の再婚にともない、義理の弟になった同い年の透(松村)と同居している。透はイケメンだが女癖が最悪で、湊は彼に「半径10メートル以内に近づかない」という念書を書かせ、繋がりを断っていた。

 しかしある日、湊は友人の頼みで高校時代の制服を借り、金髪&ギャルメイクで街へ出る。偶然にも透と遭遇してしまい、とっさに“みな”と名乗り別人のふりをするが……あろうことか透はみなに一目惚れしてしまい、その瞬間から猛アプローチの日々が始まった。

 ポスターなどの披露にあわせて、主題歌を「SixTONES」が担当することが発表。タイトルは「僕が僕じゃないみたいだ」で、同グループが映画主題歌を担うのは初めて。予告映像では、楽曲の一部を聞くことができる。映画「ライアー×ライアー」は、「暗黒女子」の耶雲哉治監督がメガホンをとり、ほか小関裕太と堀田真由らが出演。2021年2月19日から全国で公開される。

▼松村北斗コメント

この度、SixTONESとして主題歌を担当させていただくことになりました。曲を通してこの作品とさらに深く関われることを本当に嬉しく思います。ストーリーを踏襲した、心を切なく締め付ける強い想いを感じる曲に仕上がりました。この一曲により、作品もSixTONESも、今まで見たことのない顔を見ることができました。この作品に関わるスタッフさん、共演者の方々、ファンの皆さんに敬意を払い、精一杯努めさせていただきます。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。