結局“あざとい”が強い? 本田翼、弘中綾香、吉岡里帆…今年活躍した女性陣に見る逆転劇(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

今年の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)で、初の1位に輝いた本田翼。『好きな女性アナウンサーランキング』(ORICON NEWS調べ)では、弘中綾香アナが3連覇。2年連続のレコ大司会が発表された吉岡里帆も、CM起用にドラマ主演、アニメ声優、ラジオパーソナリティと、多方面で大活躍だった。それぞれブレイク当初は「あざとい」などと同性からの批判がピックアップされることもあったが、なんだかんだ嫌われず、むしろ徐々に同性人気も広げている印象だ。結局“あざとい”が強いのだろうか。

【写真集カット】“スケスケ”衣装にドキッ… 大胆ポーズで魅惑のボディを披露した吉岡里帆

■悪口から褒め言葉に昇格した「あざとい」 “カワイイ”への努力惜しまぬ田中みな実が立役者に

 前述3者の共通項と言えば、「あざとい」の言葉が浮かぶ。ブレイク当初こそ同性からの批判的意味合いで使われていたが、いまや褒め言葉として使われている印象もある。そもそも、かつては「あざとい」も「ぶりっこ」も、「媚びている」というネガティブな意味合いで使われていた。「あざとい」を漢字で書くと「小聡明い」。つまり「小ずるがしこい」といった、相手を上から目線で軽んじる言葉だった。

 「ぶりっこ」は「かわいいふりをする」から、「かわいこぶる」→「かわいこぶりっこ」と経て成立。漫画家の江口寿史が『すすめ!!パイレーツ』(集英社)の中で使ったことから拡がり、松田聖子のデビュー、そして1981年に山田邦子が『邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)』というレコードを出した頃には一般化されたといわれる。いわゆる「猫かぶり」であり、「本性は違う」「嘘つき」「異性の前だけでかわいい振りをする」という蔑み言葉だ。

 これらは珠緒や小林麻耶、小倉優子らに使われていた頃は総じて、ネガティブなイメージで使用されていた。だが、近年の「あざとい」は「ぶりっこ」とは一線を画し、“カワイイ+賢さ”を併せ持った褒め言葉にも使われており、実際に「あざとかわいい」という言葉まで浸透した。

 「この傾向を決定づけた象徴といえば、やはり田中みな実さんでしょう」と話すのは、メディア研究家の衣輪晋一氏。局アナ時代は「ぶりっこ」として、“女に嫌われる女”代表格であったが、男性ファンを中心に人気アナとして活躍。しかし2014年にフリー転身後、闇キャラや自虐コメントも開放。「ぶりっこ」ではなく、“場面によって適切なキャラを使い分けている”といった「あざとさ」が見て取れるようになると、2016年に『好きな女性アナウンサーランキング』(ORICON NEWS調べ)初TOP10入り。

 その後も、美容に対するストイックな姿勢や弛まぬ努力も発信するようになると、“自分のことを可愛いと思っている人”というよりは、“めちゃくちゃ努力して美を保っている人”として、同性の憧れの対象に。「あざとい」が努力の一部として認められるようになった立役者ともいえるだろう。彼女が紹介したコスメ等はヒット連発し、ファッション誌や美容誌にも数多く登場。2019年、2020年には同ランキング2位をキープし、局アナ時代とはまた違った支持を確立した。

【広告】

 【ファイテンオフィシャルストア】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。