米倉涼子『ドクターX』、要潤&小籔千豊&杉田かおるが新・御意軍団結成(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の米倉涼子が主演する10月14日スタートのドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第7シリーズ(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の新キャストとして、要潤、小籔千豊、杉田かおる、永野宗典の出演が発表された。立場は違うが、それぞれ米倉ふんするフリーランス外科医・大門未知子と敵対する役どころを演じる。

【写真】野村萬斎、民放連ドラ初出演 『ドクターX』で米倉涼子の前に立ちはだかる

 本作の舞台となるのは、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。シリーズ初出演となる狂言師・野村萬斎演じる内科部長・蜂須賀隆太郎率いるメスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が、大門未知子や、別棟の分院へ追いやられた外科と対立していく。

 要、小籔、杉田、永野が演じる新キャラクターたちは、未知子にとって最強の敵となる蜂須賀のもとに集結。蜂須賀に忠誠を誓う新・御意軍団を結成し、未知子の前に立ちはだかる。

 ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で熱きレスキュー隊隊長・千住を演じて話題を呼んだ要が今回演じるのは、脳外科の世界的権威であり、海外では「ホワイトジャック」と呼ばれる外科医・興梠宏(こおろぎ・ひろし)。内科の先進医療を完璧なものにするため、蜂須賀によって「東帝大学病院」へ招聘される。要は、「ウソがないようにスーパードクターを演じるため、手術シーンに向けて練習もしっかりやろうと思います」と意気込み、3度目となる米倉との共演については「劇中ではスーパー・スーパードクターの大門未知子と対立しますが、米倉さんの胸を借りるつもりでぶつかっていきたいです」と語る。

 一方、小籔が演じるのは内科副部長・鍬形忠(くわがた・ただし)。出演オファーを受けた際には「僕は失敗しかしないので、『僕でいいんかなぁ?』と大変恐縮した」というが、「たぶん嫁はんの両親も大喜びされるだろう、と思って出演を引き受けさせていただきました」と喜びのコメント。蜂須賀の腰巾着で、分院へ追いやられた外科のことも見下すという役どころについて、「あくまで鍬形として真面目に、彼が信じる正義を演じたいです」と意欲を見せる。

 また、蜂須賀の右腕である優秀な広報室長・三国蝶子(みくに・ちょうこ)を演じる杉田は、米倉とはドラマ『不信のとき~ウーマン・ウォーズ~』以来、15年ぶりの共演。「米倉さんはもともとすごいオーラを放っている方でしたが、さらに美しさに磨きがかかり、俳優さんとしても大きくなられて!」と胸を躍らせ、「回を追うごとにいろんな本性が出てくる、深みのある役なので、演じていても楽しいです」と役柄への思いを述べた。

 なお、永野が演じるのは「東帝大学病院」の内科医・寒蝉勇次(ひぐらし・ゆうじ)。未知子や外科からのブーイングにも物おじせず、内科医としての自信とプライドを持つが、実際のところは内科副部長・鍬形忠の腰巾着という役どころだ。

 ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、テレビ朝日系にて10月14日より毎週木曜21時放送。

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》金匱腎気丸

<

・足のむくみを取りたい方に
・足腰が弱ってきたと感じる方に

腰や膝の痛みや衰え、足のむくみなどの改善に

コメントは受け付けていません。