管理団体は激怒! マイケル・ジャクソンの新作ドキュメンタリーで衝撃事実が明らかに(ELLE ONLINE)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)GETTY IMAGES

サンダンス映画祭開幕前から注目を集めていたドキュメンタリー映画『Leaving Neverland(原題)』。マイケルから性的虐待を受けていたと語るウェイド・ロブソンとジェイムズ・セーフチャックの証言に基づき、虐待疑惑を追っている。なんと全編4時間に渡る大作! ついに先週映画祭で上映された。

【写真】伝説の“キング・オブ・ポップ”、マイケル・ジャクソンが遺したスタイル11

現在ロブソンは38歳、セーフチャックは42歳。映画の中で2人は幼い頃にマイケルと出会い、性的虐待が始まったと証言している。オーストラリア出身で振付師のロブソンは子どもの頃からダンサーとして活躍、マイケルとはオーストラリアで行われた彼のコンサートのバックステージで初めて会ったという。1990年、ロブソンは休暇中に家族とともにロサンゼルスを訪れ、マイケルと再会。当時ロブソンは7歳だった。再会の場にはロブソンの家族もいたけれど、マイケルはロブソンだけ自分の部屋に泊まるようにロブソンの母を説得したという。ロブソンは、その夜マイケルにオーラルセックスをされたと主張している。またセーフチャックは10歳のときにマイケルから虐待を受けたと証言。マイケルがマスターベーションするところを見せられたと語っている。またセーフチャックによるとマイケルは彼らと結婚式の真似事もしていたという。マイケルは彼にダイヤモンドの指輪も贈っていた。映画の中でセーフチャックはその指輪を見せ「マイケルは性的な行為と交換にこの指輪をくれた」と証言している。

ロブソンは以前から囁かれているマイケルとマコーレー・カルキンとの関係についても証言。当時オーストラリアに住んでいたロブソンは、マイケルに説得され1991年にロサンゼルスに引っ越した。費用はすべてマイケルが負担したという。しかしロブソンがロサンゼルスに来てみると、マイケルの関心はマコーレーに移っていたという。ロブソンは「僕は仲間はずれだった。とても混乱した」と語っている。

コメントは受け付けていません。