第32回ファンタジア大賞作品「スパイ教室」TVアニメ化決定 梅原裕一郎、雨宮天が出演(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

スパイファンタジー小説「スパイ教室」(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化が決定した。梅原裕一郎、雨宮天の出演が決定し、特報映像とアニメ化決定ビジュアルが公開されている。

 竹町氏による原作は、第32回ファンタジア大賞(2019年)受賞作品。各国がスパイによる“影の戦争”を繰り広げる世界を舞台に、凄腕スパイのクラウスが、死亡率9割を超える“不可能任務”に挑む機関「灯」を創設する。メンバーに選ばれた実践経験のない7人の少女たちは、陽炎パレスで共同生活を送りながら、クラウスに騙しあいで勝利すべく奮闘する。最新第7巻は3月19日に発売。

 任務成功率100%のスパイだが性格に難のあるクラウス役を梅原、世間知らずながらもチームのリーダを任される、コードネーム「花園」ことリリィ役を雨宮が担当。2人は、20年に公開されたPVや、原作第3巻の発売を記念して制作されたオーディオドラマなどからの続投となる。

 特報映像は、クラウスが定めた“陽炎パレス・共同生活のルール”とともに、登場キャラクターやキャスト、スタッフを紹介する内容。アニメ化決定ビジュアルには、銃口に口づけるリリィの姿が描かれている。

 監督とシリーズ構成に「絶対可憐チルドレン」「SKET DANCE」でタッグを組んだ川口敬一郎と猪爪慎一を迎え、キャラクターデザインを「IDOLY PRIDE」の木野下澄江が担当。アニメーション制作は「ぼくたちのリメイク」のfeel.が行う。

 以下にキャスト陣と原作関係者からのコメントを掲載する。

【雨宮天(リリィ役)】
これまでPVやオーディオドラマでリリィを演じさせていただいてきましたが、天然で天真爛漫……だけどそれだけではないとても魅力的なキャラクターだと感じていたので、アニメでも引き続き演じさせていただけることになりとてもうれしいです! 放送をお楽しみに!

【梅原裕一郎(クラウス役)】
PV、オーディオドラマに続いてアニメでもクラウスを演じさせていただけること、うれしく思います。
最強のスパイであり、スキがない人物ではありますが、人間味を感じさせる、魅力あふれるクラウスを全力で演じさせていただきます。「スパイ教室」をよろしくお願いします。

【竹町(原作)】
こんな堂々と「アニメ化、大発表!!』という体裁をとっているのに、実は1か月以上も前にリークされています。機密情報の漏洩です。スパイとしたら落ちこぼれ。でも落ちこぼれスパイもやる時はやる――「スパイ教室」はそんな作品でしたね。これまで応援してくれたファンの皆様、本当にありがとうございました!

【トマリ(原作イラスト)】
「スパイ教室」アニメ化おめでとうございます!
いつも心躍るような原稿を書いてくださる竹町先生、編集様、そして「スパイ教室」を応援してくださっている皆様のおかげでございます。
私もいちファンとして、動く“灯”のみんなが見られるのを楽しみにしております!

コメントは受け付けていません。