第21回東京フィルメックス最優秀作品賞はアゼルバイジャンの新鋭による『死ぬ間際』(シネマトゥデイ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:シネマトゥデイ

アジア映画の祭典「第21回東京フィルメックス」授賞式が7日に有楽町朝日ホールで行われ、アゼルバイジャンの新鋭ヒラル・バイダロフ監督の長編劇映画第2作『死ぬ間際』がコンペティション部門の最優秀作品賞を受賞した。

【写真】授賞式の様子

 本映画祭のコンペティション部門は、アジアの新進作家が2019年から2020年にかけて製作した作品の中から12作品を上映。審査委員長の万田邦敏(映画監督)をはじめ、映画評論家のクリス・フジワラ、アンスティチュ・フランセ日本で映画プログラム主任を務める坂本安美、プロデューサーのエリック・ニアリ、映画評論家のトム・メスら5人の国際審査員が各賞を選定した。

【広告】

 ZAFUL





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。