空気階段もぐら、自然豊かな玉野市での映画撮影「たばこがほんとうまかった!」(お笑いナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:お笑いナタリー

本日11月13日、東京・池袋シネマ・ロサで映画「たまの映像詩集 渚のバイセコー」の舞台挨拶が行われ、キャストの空気階段、尼神インター渚、園都、三宅伸が登壇した。

【動画】『たまの映像詩集 渚のバイセコー』本編抜き映像(他19件)

吉本興業と岡山県玉野市がタッグを組んで制作した映画「たまの映像詩集 渚のバイセコー」は、玉野市にある玉野競輪による全面協力のもとフィルム撮影で玉野市の自然や芸術を映し出すオムニバス。現役競輪選手の三宅が主人公の第1話「美しき競輪」、渚とジミー大西が親子を演じる第2話「渚のバイセコー」、空気階段、ゆりやんレトリィバァ、園を中心とする第3話「氷と油」の3編で構成され、蔦哲一朗が監督を務めた。

公開は新型コロナウイルス流行の影響で延期となり、無事昨日11月12日に上映開始を迎えた。渚は「ほんまに公開されるか心配やった。こうして今日お客さんの前で挨拶できるのが楽しみで、昨日は遠足に行くような気分であんま寝れんくて。ちょうど今、眠たいです(笑)。計算ミスした」と冗談を交えつつうれしそうに語る。出演した第2話は映像メインのファンタジーテイストだったため台本上セリフはほとんどなく、「演技してない。あのまんま。自転車漕いで、気持ちいいーって思ってそのまま言っているだけ。玉野市の魅力やな」と自然豊かな玉野市での撮影を回想。空気階段・鈴木もぐらも「たばこがほんとうまかったです! 空気が澄んでいて景色もキレイで。安いたばこを吸っていたんですが、(ほかのたばこよりも値段が高い)パーラメントに感じた」と共感する。

監督の寛容さでアドリブも多かったという撮影現場。空気階段・水川かたまりは「ゆりやんが大暴れでしたね。15分くらい回してたんじゃないかな。ほとんどのボケはカットされてましたけど(笑)」とゆりやんの大立ち回りを振り返る。楽屋でゆりやんともぐらとのフリースタイルバトルが勃発する場面もあり、園は巻き込まれないようにかたまりのほうへ寄って身を隠していたそう。ラップ番組の練習だったと説明するもぐらは、「玉野の風がそうさせた。ラップもうまくさせてくれる」とそれも玉野市の魅力のためだと強調し、笑いを誘った。

(c)2021 たまの映像詩集「渚のバイセコー」

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。