神木隆之介、安達祐実と初対面に「本物だ!」 こたつでぬくぬく「撮休」トーク(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

神木隆之介が1月6日、自身のYouTubeチャンネルで「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」のスペシャル企画「神木と“撮休”、過ごそうじゃ Night!!!」の生配信を実施。同ドラマで共演する安達祐実、池田鉄洋と共に撮影についてのトークやお正月らしいゲームを行った。

【写真】こたつに入る神木隆之介、安達祐実

 本作はWOWOWオリジナルドラマ「撮休」シリーズ第3弾。ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか。知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませ描き、主演となる俳優が自分自身を演じるパラレルストーリーが展開される。

 イベントは、それぞれがこたつに入ったほっこりとした雰囲気で始まり、神木は「今日はすごい雪が降っていまして。自前なんですが、雪の結晶のネックレスをしてきました」とアクセサリーをアピール。「皆さん、お正月はゆっくりできましたか? 僕は地味にゆっくりできました」と笑顔で報告した。

 第1話に出演する安達とは今回が初共演となるが、以前すれ違ったことがあると明かした神木は「うわ、安達祐実だ!本物だ!と思った」と振り返ると、安達は「逆ですよ。こちらこそです」とにっこり。ようやく初共演を果たし、神木は「本当に笑顔が素敵な方で。おかげさまで和みながら、楽しく撮影させていただきました」、安達は「内気な方なのかなと思っていた。全然内気じゃないんだなって」とお互いに印象を明かし、神木は「2人で変顔をして写真を撮りましたね」とエピソードを披露した。

 池田からは「本人役を演じてどうでした?」と神木に質問が投げかけられ、神木は「すごく不思議な感覚でした」と回答。「台本に“神木”と自分の苗字が書いてある。神木が話すセリフがあるんです。ええ!?って。神木が台本の中でしゃべるんですよ!」と声を大にしながら、「苦戦したのは、僕は僕役なんだけど、周りに出ている方々は(本人とは)別の人を演じている。でもその方々が『神木さん』と言ってくるので、もどかしくもあり、不思議な気持ちでした」と話す。

 配信ではかるた対決や、各話の共演者たちが神木の名前を呼ぶ声を流し、声の主を当てる早押しクイズなどのゲームを行った。クイズ中には撮影秘話も飛び出し、神木は本作の撮影で「人生で初めてバイクに乗った」ことを告白。「その撮影の前日の夜に練習した。運転免許は持っているんですが、初めて乗ったのですごく緊張しました。景色も空気も良い中、初バイクでした」と話していた。

 1月7日からスタートした「WOWOWオリジナルドラマ 神木隆之介の撮休」は、毎週金曜午後11時、WOWOWプライムにて放送中。各話放送終了後にWOWOWオンデマンドにて配信される。

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。