磯村勇斗、笑顔で“生死の選択権”を薦める末恐ろしさ 映画『PLAN 75』本編映像(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の倍賞千恵子が主演する映画『PLAN 75』(6月17日公開)より、75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利を認め、支援する制度、通称<プラン75>の申請窓口で働く市役所職員・ヒロム(磯村勇斗)が、次々と訪れる高齢者に対し、何の疑いもなく制度の利便さを薦めていくシーンの本編映像が解禁となった。

【動画】磯村勇斗が笑顔で“死”の申し込みに対応する本編映像

 本作の舞台は、少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。さまざまな物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなった頃。

 市役所職員のヒロムは、福祉担当として公園の設備管理や<プラン75>の加入促進の窓口を担当している。映像では、<プラン75>のパンフレットをしっかり読み込んできた、女性申込み者に向き合うヒロムが、「すごい勉強されてるんですね!」と感嘆の声を上げる。<プラン75>に関して聞きたいことがたくさんあるという彼女は、申込者に漏れなく与えられる10万円の支度金の使用用途について尋ねる。「基本的に自由にお使いいただけるお金なので。旅行とか、おいしいものを食べるとか」と提案するヒロムに、「ご褒美みたいなもんね」とうれしそうに微笑む女性。

 このシーンの恐ろしいところは、この制度が当たり前のものとして根付き、即日申し込みが可能というシンプルな手順で、死が選ばれてしまうということ。ヒロムは、死を推奨する制度に笑顔で従事している。そんな、ヒロムの役どころについて監督の早川千絵は、「ヒロムは自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです。そんな彼がこの物語でどんな気づきを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と語っている。

 早川監督は、本作で長編監督デビュー。脚本も自ら手がけた本作は、2022年5月に開催された「第75回カンヌ国際映画祭」オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品は果たし、キャストの磯村、ステファニー・アリアンとともに、カンヌでの上映を現地で見届けた。

 主人公は、夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞)、78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。

 また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75>関連施設に転職。利用者の遺品処理など、複雑な思いを抱えて作業に勤しむ日々を送る。果たして、<プラン75>に翻ろうされる人々が行き着く先で見出した答えとは―――。

【広告】 更年期?

《経典薬方》全鹿滋腎丸

<

・体のだるさ、痛みを感じる方に
・眠りが浅い、眠れないと悩んでいる方に

腰や膝を始めとする身体機能の衰えやだるさ、      睡眠の質などの改善に

コメントは受け付けていません。